OANDAとは - オアンダ ジャパン -

OANDAとは

OANDAはテクノロジーとインターネットがマーケットをグローバル化するという考えのもと、外国為替レートに関連するサービスを創造することを目的として、マイケル・スタム博士(カナダトロント大学のコンピュータ工学教授)とリチャード・オルセン博士(計量経済学の研究開発会社オルセンリミテッド代表)により、1996年にアメリカ合衆国のデラウェア州にて設立されました。

世界最大かつ最も正確な外国為替レート情報を持つOANDAは、1995年、世界で初めてインターネットを利用した無料の外国為替レート情報の提供を開始し、現在ではそのデータベースへのアクセスは1日100万件以上に達しています。 1997年、OANDAはインターネットを利用したASP方式で法人向けの外国為替レート提供サービスを開始し、現在ではそのサービスを利用する企業は世界中で75,000件にものぼっています。

その後2001年に、外国為替取引プラットフォームである『fxTrade』のサービスを開始し、インターネットベースで完全に自動化された外国為替取引を提供する世界初の企業のうちの一つとなりました。このOANDA『fxTrade』の登場により、個人・法人にかかわらず、誰でもが24時間いつでもリアルタイムかつ競争力のある外国為替取引マーケットにアクセス可能となりました。

今日、世界中の為替取引市場は1日で3兆ドル(NASDAQとNYSEの取引高の約30倍)が取引されており、そのうちオンラインのリテール部門の取引は急速に拡大し、当該マーケットの大きな部分を占めるようになっています。

キャンペーン情報