OANDA Japan 店頭外国為替証拠金取引説明書

店頭外国為替証拠金取引のリスク等重要事項について

  • 店頭外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生ずる ことがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイント が受取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引につい てお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額 を上回ることがあります。
  • 相場状況の急変により、ビッド価格とオファー価格のスプレッド幅が広くなる場合 や、意図した取引ができない可能性があります。
  • 取引システム又は当社及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことによ り、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
  • 口座管理費及び取引手数料は無料です。
  • お客様が注文執行後に当該注文に係る契約を解除すること(クーリングオフ)はで きません。
  • 店頭外国為替証拠金取引は、当社とお客様との間の相対取引です。当社は、お客様 との取引から生じるリスクの減少を目的とするカバー取引を次の業者と行っていま す。 OANDA Corporation (オアンダコーポレーション) (金融商品取引業:米国商品先物委員会(CFTC))
    カバー取引先は、お客様が行う店頭外国為替証拠金取引について、お客様の取引相手方 となるものではなく、お客様の証拠金や当該取引から発生し得る損失その他お客様の 取引の内容もしくは決済又は清算、あるいは当社のお客様に対する債務について、何 ら責任を負うものではありません。
  • お客様から預託を受けた証拠金は、株式会社三井住友銀行およびFXクリアリング信託株式会社を受託者とする金銭信託 により、当社の自己の資金とは区分して管理しております(この仕組みを「信託保 全」といいます)。信託保全は証拠金その他のお客様の資金を保全する仕組みでは ありますが、店頭外国為替証拠金取引の元本を保証するものではありません。信託 会社は、当社から信託された資金の管理のみを行い、当社又は受益者代理人の監督 又は選任につき責任を負うものではありません。信託保全された資金の返還手続き については、受益者代理人が受益者であるお客様に代わってこれを行い、お客様は 信託会社に対して資金等の支払いを直接請求することはできません。
  • 当社、カバー取引相手方又はお客様の証拠金の預託先において業務又は財産の状況 が悪化した場合、証拠金その他のお客様資金の返還が困難になることで、お客様が 損失を被るおそれがあります。
  • 相場が急激に変動した場合には、ロスカットルールがあっても、証拠金の額を上回 る損失が生じる可能性があります。