お知らせ

2012年05月22日

PR

親会社の役員人事のお知らせ




    

 OANDA Japan株式会社

代表取締役社長 石村 富隆

 



弊社OANDA Japan株式会社の親会社であるOANDA Corporation(米国)の取締役会は、前CEOのマイケル・スタムに代わり、マイケル・スタムが築き上げてきたOANDAグループを更に成長させるため、新たな最高経営責任者(CEO)としてK ・デューカーを任命しました。

マイケル・スタムはCEO退任後も取締役として残り、引き続きOANDA CorporationおよびOANDAグループへの貢献をいたします。

 

OANDA Corporationの共同設立者の一人としてマイケル·スタムのユニークなビジョンと技術的専門知識は、当社の発展に大きくつながり、リテールの外国為替取引へのアプローチ方法を大きく変えたと言え、マイケル・スタムのOANDAグループへの多大な貢献に感謝し、そしてマイケルが取締役会のメンバーとして彼の能力を提供し続ける事を嬉しく思います、とOANDA Corporationの取締役キトゥ・コルリは述べています。

 

K・デューカーは20年以上にわたる外国為替業界のキャリアを持ち、OANDA以前はドイツ銀行のアジア太平洋地域のeFX事業を率いておりました。

直近4年間では、OANDAAsia Pacific (シンガポール)のマネージングディレクターを、更に直近2年間では、OANDA Japan株式会社(日本、弊社)の代表取締役会長も務めております。

 

OANDAグループは、K・デューカーが持つリーダーシップと深い金融知識がOANDAグループを更に上の段階へ成長させることができると確信しています。

マイケル・スタムの功績を受け継ぎ成長させる為の最良のリーダーとしてK・デューカーが選任され、その指揮のもと、OANDAグループは更にグローバルでのプレゼンスを高めて参ります。

K・デューカーはこの度のCEO就任にあたって、以下のように述べています。

「私の情熱はOANDAグループに更なる成功をもたらすことにそそがれ、お客様のニーズに応える事こそのみが成功に繋がると私は信じています。マイケル・スタムは同様の哲学でOANDAグループを外国為替サービスを提供するグローバル企業として成長させてきました。

このアプローチはOANDAの特徴として維持し続けます。OANDAは引き続きお客様への最高のサービスの提供と法令遵守に努めてまいります。OANDA目標の1つは、世界中のリテール外国為替マーケットにおいて我々のサービスをご利用いただくことです。」

 

 

OANDAについて




 1ドルから取引可能な任意のサイズでの取引、土日取引、秒単位のスワップポイントなど、OANDAは外国為替取引への革新的なアプローチを通じて外国為替ビジネスを変えてきました。OANDAは、為替情報のオンラインプロバイダーでもあり、今日では同社のOANDAレート®データは、世界の様々な場所で、企業、税務当局、監査法人、中央銀行の基準レートとして用いられています。

 OANDA Corporationは、ドバイ、シカゴ、ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、東京、トロント、チューリッヒの世界8拠点でサービス展開をしており、米国商品先物取引委員会(CFTC)、全米先物協会(CFA)、シンガポール通貨庁(MAS)、ドバイ金融サービス庁(DFSA)、カナダの投資業界の規制機関(IIROC)、英国金融サービス機構(FSA)、および日本の金融庁(FSA)のライセンスを保有しています。



お知らせ一覧へ戻る