ポイント&フィギュアチャート

ポイント&フィギュアチャート
ツール解説
ポイント&フィギュアチャート
一枠のPips数:
30
20 30 40
一枠のPips数:
ポイント&フィギュアチャート

ポイント&フィギュアチャートはローソク足チャートのように時間の経過とに併せて左へ移動する時系列チャートではなく、一定の価格の変動があった場合にのみ左に移動する非時系列チャートとなります。
設定したPips数の上昇があれば×、下落があれば○を付けていきます。
ポイント&フィギュアチャートは同じ列には同じ印しか描かれず、このツールでは3枠反転すると次の列に移動するというルールとなっています。
また、次の列に移動する際は一番最初の列を開けて描画するというルールがあります。つまり、実質4枠の反転があったら次の列に移ります。
価格の動きでのみ動くチャートとなるため、価格が均衡を抜け出すタイミングを掴み易いという特徴があります。

ポイント&フィギュアでは1つの枠(印)のpips数を指定します。上記の一枠のPips数から選択します。
トレンドラインの左のチェックボックスにチェックを入れるとトレンドラインが描画されます。
保ち合いの脱出などを見極めるのに役立ちます。

注:このポイント&フィギュアチャートは3時間ごとの終値(bidとaskの中間値)を元に計算されています。


この記事をシェアする

home_footer > OANDA Lab > ポイント&フィギュアチャート