MT4の使い方

android版MT4(メタトレーダー4)でチャートの種類を変更する方法


android版MT4アプリのチャートには、「バーチャート」「ローソク足」「ラインチャート」の3種類の表示形式が用意されており、好みに合わせて変更することができます。バーチャートとローソク足は4本値(始値・終値・高値・安値)の表示、ラインチャートは終値のみの表示です。


チャートの種類の変更方法


android版MT4アプリを立ち上げ、画面左上にあるMetaTrader4のアイコンをタップします。

画面左側にメニューの一覧が表示されるので、その中から「設定」をタップ。

画面左側にメニューの一覧が表示されるので、その中から「設定」をタップ

設定画面に遷移したら、「チャート」の項目にある「線種」をタップします。

設定画面に遷移したら、「チャート」の項目にある「線種」をタップ

表示されるメニューの「バーチャート」「ローソク足」「ラインチャート」からご希望のチャートをタップします。これで選択したチャートに変更完了です。チャート画面で確認しましょう。

表示されるメニューの「バーチャート」「ローソク足」「ラインチャート」からご希望のチャートをタップ


表示できるチャートの種類


①バーチャート
始値・終値・高値・安値を3本のバーで表示するタイプのチャートです。欧米を中心に人気を集めています。

始値・終値・高値・安値を3本のバーで表示するタイプのチャートです。欧米を中心に人気を集めています

②ローソク足
始値・終値・高値・安値を表示する、日本では最もポピュラーなチャートです。実体と上ヒゲ、下ヒゲで構成されています。

始値・終値・高値・安値を表示する、日本では最もポピュラーなチャートです。実体と上ヒゲ、下ヒゲで構成されています

③ラインチャート
終値をラインで結んだシンプルなチャートです。終値のみで価格の方向性を探ることができます。

終値をラインで結んだシンプルなチャートです。終値のみで価格の方向性を探ることができます

MT4を学びたい方へオススメコンテンツ

MT4

OANDA証券ではMT4(メタトレーダー4)の基本的な使い方を、画像や動画を用いて詳しく解説します。OANDA証券が独自開発したオリジナルインジケーター自動売買(EA)なども豊富に提供しています。OANDA証券の口座をお持ちであれば無料で使えるので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » MT4の使い方 » android版MT4(メタトレーダー4)でチャートの種類を変更する方法