MT4の使い方

android版MT4(メタトレーダー4)でIFD注文を発注する方法


android版MT4アプリでは、PC版と同じようにIFD(イフダン)注文を発注することができます。IFD注文は、新規注文と決済注文を同時に予約できる便利な注文方法です。「価格が〇〇円になったら新規の注文を発注し、その後〇〇円になったら決済したい」という、トレードの入口と出口を同時に発注したい場面で活用できます。


IFD注文を発注する方法


IFD注文では、新規注文(指値もしくは逆指値注文)と、決済注文(指値もしくは逆指値注文)をそれぞれ一つずつ設定します。ここでは例として、「ドル円が128.000円になったら新規で1ロット買い、その後127.500円まで下がった場合は損切りをする」というIFD注文の出し方を紹介します。

IFD注文では、新規注文(指値もしくは逆指値注文)と、決済注文(指値もしくは逆指値注文)をそれぞれ一つずつ設定します

まずは新規注文画面を表示し、①で通貨ペアを選択します。画面右上の「$」マークをタップすると通貨ペアの一覧が出るので、取引したい通貨ペア名をタップしましょう。ここではドル円を取引するので「USDJPY」をタップします。

まずは新規注文画面を表示し、①で通貨ペアを選択します。画面右上の「$」マークをタップすると通貨ペアの一覧が出るので、取引したい通貨ペア名をタップ

次に、②のところをタップして注文方法を選択します。ここでは現在の価格よりも下がったところで買いたいので、「Buy Limit」をタップします。

次に、②のところをタップして注文方法を選択します。ここでは現在の価格よりも下がったところで買いたいので、「Buy Limit」をタップ

  • ・Buy Limit(買い指値):現在よりも低い価格を指定して買う注文
  • ・Sell Limit(売り指値):現在よりも高い価格を指定して売る注文
  • ・Buy Stop(買い逆指値):現在よりも高い価格を指定して買う注文
  • ・Sell Stop(売り逆指値):現在よりも低い価格を指定して売る注文

その下の③では取引数量を設定します。1ロット買うので、ここを「1.00」とします。そして④で買いたい価格を指定します。128.000円まで下がったら買いたいので、「128.000」と入力します。
決済価格に関しては、⑤で指定します。

今回は損切り価格を指定するので、左側のストップロスの欄に「127.500」と入力します(利益確定の決済の場合は右側のテイクプロフィットの欄に価格を入れます)。最後に⑥の「発注」をタップすれば、IFD注文の発注完了です。

MT4を学びたい方へオススメコンテンツ

MT4

OANDA証券ではMT4(メタトレーダー4)の基本的な使い方を、画像や動画を用いて詳しく解説します。OANDA証券が独自開発したオリジナルインジケーター自動売買(EA)なども豊富に提供しています。OANDA証券の口座をお持ちであれば無料で使えるので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » MT4の使い方 » android版MT4(メタトレーダー4)でIFD注文を発注する方法