MT5の使い方

MT5(メタトレーダー5)で標準偏差を設定する方法


MT5の標準偏差の設定方法


MT5で標準偏差(Standard Deviation)を設定する方法を紹介します

MT5で標準偏差(Standard Deviation)を設定する方法を紹介します。標準偏差は、価格が平均値(移動平均線)からどれくらい散らばっているかを表す、統計学の考え方を用いたテクニカル指標です。

相場のボラティリティを測るのに役立ちます。MT5ではトレンド系のインジケーターに属し、メインチャート下のサブチャートに表示されます。標準偏差にはどのような設定があるのかを、ここで確認しておきましょう。


MT5の標準偏差の起動


MT5でチャート上に標準偏差を追加する方法は次の2通りです。

①ナビゲータから起動
MT5の「ナビゲータ」にある「指標」→「トレンド系」を順にクリックし、「トレンド系」内の「Standard Deviation」をダブルクリックまたはチャート上にドラッグ&ドロップします。

MT5の「ナビゲータ」にある「指標」→「トレンド系」を順にクリックし、「トレンド系」内の「Standard Deviation」をダブルクリックまたはチャート上にドラッグ&ドロップ

②メニューの「挿入」から起動
MT5のメニューの「挿入」から「インディケータ」を選択し、「トレンド系」内の「Standard Deviation」をクリックします。

MT5のメニューの「挿入」から「インディケータ」を選択し、「トレンド系」内の「Standard Deviation」をクリック


標準偏差の設定画面での設定


標準偏差を起動すると、設定画面が表示されます。設定画面の「パラメータ」タブで表示する標準偏差の設定を行い、「OK」をクリックしましょう。なお、画面右下の「リセット」をクリックすると、設定がデフォルトに戻ります。

標準偏差を起動すると、設定画面が表示されます。設定画面の「パラメータ」タブで表示する標準偏差の設定を行い、「OK」をクリック

「パラメータ」タブでは次の設定を行います。

①期間
標準偏差を算出する期間を設定します。デフォルトの数値は「20」です。

②シフト
標準偏差を表示させる場所を左右にずらせます。プラスの数値を入力すると右に、マイナスの数値を入力すると左にシフトします。

標準偏差を表示させる場所を左右にずらせます。プラスの数値を入力すると右に、マイナスの数値を入力すると左にシフトします

③種別
標準偏差に用いる移動平均線の種類を次の中から選択します。デフォルトの種類は「Simple」です。

  • ・Simple(単純移動平均線)
  • ・Exponential(指数平滑移動平均線)
  • ・Smoothed(平滑移動平均線)
  • ・Linear Weighted(線形加重移動平均線)

④適用価格
標準偏差を算出する価格を設定します。デフォルトの価格は「Close」です。

  • ・Close:終値
  • ・Open:始値
  • ・High:高値
  • ・Low:安値
  • ・Median Price (HL/2):高値と安値の平均
  • ・Typical Price (HLC/3):高値、安値、終値の平均
  • ・Weighted Close (HLCC/4):高値、安値、終値、終値の平均(終値の比率を2倍)

⑤スタイル
標準偏差の線の色、種類、太さを変更することができます。

「レベル」タブでは、サブチャートの指定した水準に、水平線を表示させることができます。標準偏差はデフォルトで20と80に水平線が表示される設定となっていますが、①の部分でレベルを選択後、②の部分で編集を選択すると水準を変更できる他、水平線の追加や削除等を行うことも可能です。また、③の部分で表示する水平線の色、種類、太さを設定することができます。

「レベル」タブでは、サブチャートの指定した水準に、水平線を表示させることができます。標準偏差はデフォルトで20と80に水平線が表示される設定となっていますが、①の部分でレベルを選択後、②の部分で編集を選択すると水準を変更できる他、水平線の追加や削除等を行うことも可能です。

「スケール」タブでは、サブチャートのスケール(目盛り)の設定を行います。

「スケール」タブでは、サブチャートのスケール(目盛り)の設定を行います

サブチャートのスケールは次の3つから選択します。

①スケールの継承
チェックを入れて有効にすると、一つ前に設定したインジケーターのスケールを引き継ぎます。

②ラインによるスケール
チェックを入れて有効にすると、スケールパーセントやスケール値を指定することができます。例えば、スケールパーセントを「50」、スケール値を「0」と指定すると、縦軸の50%の水準にスケール値で指定した0が配置されるよう、スケールが調整されます。

③最小値、最大値の固定
チェックを入れて有効にすると、最小値や最大値を指定して、その範囲を表示することができます。

「表示選択」タブでは、データウィンドウ内に標準偏差の値を表示させるかどうか、標準偏差を全ての時間足に表示させるかどうかを選択できます。

「表示選択」タブでは、データウィンドウ内に標準偏差の値を表示させるかどうか、標準偏差を全ての時間足に表示させるかどうかを選択できます

①データウインドウに表示
チェックを入れて有効にすると、標準偏差の値をデータウィンドウ内に表示できます。デフォルトでは有効になっています。

②すべての時間足
チェックを入れて有効にすると、全ての時間足に標準偏差を表示させることができます。デフォルトでは有効になっており、チェックを外すと表示させる時間足を選択できるようになります。

MT5を学びたい方へオススメコンテンツ

MT5

OANDA証券ではMT5(メタトレーダー5)の基本的な使い方を、画像や動画を用いて詳しく解説します。OANDA証券が独自開発したオリジナルインジケーター自動売買(EA)なども豊富に提供しています。OANDA証券の口座をお持ちであれば無料で使えるので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

ホーム » MT5の使い方 » MT5(メタトレーダー5)で標準偏差を設定する方法