用語解説

先物取引とは|仕組みや特徴・注意点について解説


先物取引とは、将来の決められた期日に、取引開始時に約束した価格で、特定の金融商品を売買することを約束する取引を指します。

本記事では、先物取引の仕組みや特徴、注意点などを解説します。

OANDA証券では先物取引をサービスとして提供していません。
本記事は先物取引に関する一般的な知識を提供することを目的としています。

先物取引とは

ここでは、先物取引の概要を以下の内容に分けて解説します。

  • ・意味
  • ・仕組み

意味

先物取引とは、将来の決められた期日に、取引開始時点で決められた価格で、特定の金融商品を売買することを約束する取引のことです。

株価指数・債券・商品・貴金属など、さまざまな種類で取引可能です。

取引開始時点では約束のみであり、実際の受け渡しは将来であるため、取引開始時点で取引対象の現物や購入に必要な資金の全額を保有している必要はありません。

そのため、手元にない投資対象について、売りから取引を始める(売りから入る)ことも可能です。

仕組み

先物取引の仕組みは、下図の通りです。

先物取引の仕組み

まず、取引日には売買の「約束だけ」を交わします。

ここで決める内容は以下の通りです。

  • ・何を(原資産)
  • ・いくらで(約定価格)
  • ・いつ(決済期日)

そして、約束の期日(満期日)が来たら、約束通りの内容で売買を行います。

上の例を用いて説明すると、売買当日の原資産のレートは40万円でした。

しかし、30万円で売買する約束をしていたため、買い手は30万円で買えます。

40万円の原資産を30万円で買えるため、買い手の利益は10万円です。

逆に、40万円の原資産を30万円で売るため、売り手の損失は10万円です。

この例とは反対に、期日までに原資産が値下がりした場合は、買い手の損失となります。

以上は、期日(満期)を迎えた場合の解説ですが、約束した期日よりも前に反対売買(転売、買い戻し)することも可能です。

先物取引と信用取引の違い

先物取引と信用取引の違いは、あらかじめ資金や取引対象の現物を準備しなければならないかどうかです。

準備を要するものが信用取引、要しないのが先物取引です。

信用取引は、証券会社から資金や有価証券を借りて取引を行います。

これらの資産を借りているため、借り賃を支払う必要があります。

株式の信用取引の場合、買いで入る場合は「お金を借りて株式を買う」ため、買方金利を支払います。

売りで入る場合は「株を借りて売却する」ため、株のレンタル費用として貸株料を支払います。

先物取引では、このような資産の貸し借りを伴いません。

先物取引は「現在でなく将来に売買をする約束」なので、取引開始時点で現金や有価証券等を持っていなくても構いません。

しかし、期日までに必要な資産を用意するか、または反対売買をする必要があります。

先物取引の特徴

先物取引には、主に以下の特徴があります。

  • ・売りから取引できる
  • ・差金決済できる

売りから取引できる

先物取引では「売りから入る」ことが可能です。

売りから入る場合は、相場が下落することで利益を得られます。

株式投資の信用取引でも、売りから取引を始められます。

信用売りでは株式を借りるため貸株料がかかりますが、先物取引では貸株料は発生しません。

差金決済できる

差金決済とは「現物や現金の受け渡しをせず、反対売買による差額の授受で決済する決済方法」のことです。

差金決済の特徴として、上述の「売りからも取引できる」以外にも、以下の特徴があります。

  • ・レバレッジ取引ができる

差金決済については「差金決済(さきんけっさい)」の記事で詳しく解説しています。

先物取引の注意点

先物取引の注意点は以下の通りです。

  • ・元本保証ではない
  • ・損失が大きくなる可能性がある

元本保証ではない

多くの金融商品と同様に、先物取引は元本が保証されません。

投資は余剰資金で行うのが鉄則です。

生活資金など、失ってはいけない資金でトレードをするのは避けましょう。

損失が大きくなる可能性がある

先物取引では、レバレッジを使って自己資金の何倍もの金額で取引可能です。

このため、相場の変動によって大きな利益が出ることもあれば、大きな損失が出ることもあります。

大きな損失が出た場合、資金が不足して追加証拠金(追証)が必要となる場合があります。

また、証拠金を追加しても、さらに損失が膨らむリスクもあるため注意が必要です。

【まとめ】先物取引とは|仕組みや特徴・注意点について解説

先物取引とは、将来の決められた期日に、取引開始時に約束した価格で、特定の金融商品を売買することを約束する取引を指します。

株価指数や債券、商品などを取引でき、売りから始めることも可能です。

先物取引は信用取引と異なり、資産の貸し借りを伴わないため、売りから入る場合も貸株料などのコストがかかりません。

売りから入ることで、下落相場でも利益を狙えるのが特徴です。

OANDA証券では、先物取引も含めて投資やFX取引の用語をわかりやすく解説するコンテンツを、初心者の方々へ向けて豊富に公開しています。

投資全般やFX取引に関する知識を深めたい方は、ぜひこちらのコンテンツもご参照ください。

OANDA証券でのお取引に興味をお持ちいただけた方は、以下のボタンから口座開設をご検討ください。

口座開設ボタン

FX初心者にオススメのコンテンツ

CCI

これからFXを始める初心者の方向けに、豊富なコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもFXをスムーズに始めることが可能です。またOANDAの口座保有者だけが使えるOANDAオリジナルインジケーターも提供しています。是非OANDAの口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。


この記事をシェアする

ホーム » 用語解説登録 » 先物取引