新規口座開設

用語解説

ゴトウ日(ゴト日、ゴトー日) - FX初心者向け用語解説(ごとび)

ゴトウ日(ゴト日、ゴトー日)とは、毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日のように5と10の付く日をいいます。

企業の銀行の資金決済が多くなるため、実需のドル需要が多くなる傾向があります。

FX市場でもゴトウ日には東京時間の仲値(9:55)の時間にかけて取引が活発に行われ、ドル円を中心に短期的なトレンドができやすいという傾向があります。


ゴトウ日を狙った仲値の取引手法


前述したようにゴトウ日では、実需のドル需要が多くなる傾向があるため、米ドル円は買われやすくなります。ゴトウ日を狙った仲値の取引手法では、米ドル円が買われやすくなるという習性を利用し取引を行います。

仲値を狙った取引手法は、デイトレードが一般的です。やり方としては、東京市場が開く9時から発表が終わる9時55分までの中で買いを狙います。次のチャートをご覧ください。

2021年5月10日米ドル円の5分足チャート

上記チャートは、2021年5月10日米ドル円の5分足チャートです。9時の東京市場が始まり、9時55分の仲値にかけて価格が上昇しています。続いて、以下の画像を御覧ください。

2021年5月5日米ドル円の5分足チャート

上記チャートは、2021年5月5日米ドル円の5分足チャートです。9時の東京市場が始まり、9時55分の仲値にかけて価格が上昇しています。しかし、この日は9時30分ごろから上昇が止まりその後下落しています。続いて、以下の画像を御覧ください。

2021年4月30日米ドル円の5分足チャート

上記チャートは、2021年4月30日米ドル円の5分足チャートです。9時の東京市場が始まり、9時55分の仲値にかけて価格が上昇しています。

このように3つの期間ですが、ゴトウ日は仲値にかけて価格が上昇しやすいという特徴があります。ただし、ゴトウ日だからと言って必ず上昇するものではありません。価格が下落する場合もあるため、リスクを抑えた取引を行うことが大切です。


OANDA(オアンダ)はリアルスプレッド№1を目指しているFX会社


OANDAでは、お客様に公平かつ公正な取引環境を提供するため、約定力の可視化を行いリアルスプレッド№1を目指しています。OANDAが考えるリアルスプレッドとは、スプレッド+約定力です。スプレッドが狭くても約定力に問題があれば、注文が滑り希望の価格で約定させることができず、結果さらにスプレッドを支払うという問題が起こります。

OANDAでは見せかけの低スプレッドではなく、低スプレッド+約定力を強化しリアルスプレッド№1を目指しています。そこでお客様に公平かつ公正な取引環境を提供するための一つの方法として、約定スピードやスリッページ発生状況を公開しています。約定までに費やした時間やスリッページがどのように発生しているかなどの情報を開示し、問題があれば機能改善に注力します。

最新のデータはこちら

また、OANDAでは、「fx Trade」「MT4」「MT5」などで取引をすることができ、中級者や上級者の方向けにオリジナルインジケーターの提供もしています。さらに、初心者の方にはコンテンツも豊富に揃えており、学びながらFXを始めることが可能です。新規口座開設対象者には、様々な特典も用意しているためぜひ検討して下さい。

OANDA(オアンダ)の口座開設はこちら


この記事をシェアする

ホーム » 用語解説登録 » ゴトウ日(ゴト日、ゴトー日) – FX初心者向け用語解説