オアンダでFXする3つの理由_インフラ
オアンダでFXする3つの理由_インフラ
Best Internet Concept of global business from concepts series

OANDAの約定力

OANDAでは約定力の向上に力を入れています。
約定力とは、お客様の注文をより早く、より確実に処理する力です。注文に時間がかかり、約定しているかどうかがすぐに判別できないようなシステムでは、現在の繊細な為替相場でお客様がチャンスを逃してしまうことになってしまうからです。

OANDA では約定エンジンの改良を続け、現在ではお客様の注文を受け取ってから10ミリセカンド以内での約定を可能にするシステムを採用しており、マーケットに近い環境での取引を可能にしています。
さらに、以前はニューヨークに設置していたサーバで全ての注文を処理していましたが、昨年よりMT4用に東京にもサーバを設置し、お客様とマーケットの距離をより近くすることに成功しました。

ニューヨークにあるサーバにお客様の端末からアクセスすると太平洋を挟んだ距離での通信が発生するため、200ミリセカンド程度の通信によるタイムロスが発生していました。
この東京サーバではその通信距離が大幅に短縮され、お客様の端末から注文が発信されてから、50ミリセカンド以内※での約定を可能にしています。
マーケットの動きは繊細です。1秒に満たないスピードの話なので人間の感覚ではそれほど差は無いように感じるかもしれませんが、現在の為替相場では電子取引化が進み、価格が激しく動く場面では数ミリセカンドレベルで価格が激しく変動する場面も少なくありません。
取引チャンスが到来した場面や、素早く逃げたい場面はこの約定スピードが取引に差を付けます。
OANDAでは創業以来、お客様をよりマーケットに近づけるということを念頭においてシステムの開発を行っております。この東京サーバの設置もその理念を形にしたものの一つです。約定拒否なし、最速の約定エンジンの機能をそのままに、お客様はよりマーケットの近くでお取引いただけます。

※通信環境により多少の誤差は生じる可能性はあります。

自動売買ならOANDA×BeexFX

OANDAでは自動売買の取引環境にも力を入れています。本格的なMT4での自動売買にはVPSサービスの利用は欠かせません。
OANDAは各金融機関やOANDAのサーバが設置されているEqinx社のデータセンターと同じ建物内にサーバを設置しているBeeksFXと提携しています。
つまり、国内のVPSサービスを利用するよりもBeeksFXのVPSサービスを利用しMT4での自動売買を行えば、同一建物内でプライス受信から注文発注、約定までの処理が完了するため、通信距離を大幅に短縮することができます。つまり、遅れ(レイテンシー)によるスリップを軽減することが可能になり、より想定した売買プログラムに沿った取引が可能になるということです。
infu4
BeeksFXはNYサーバ、東京サーバ共に同様のサービスを提供しており、東京サーバはもちろん、NYサーバでの自動売買の取引でもNYの同一建物内で全て完了するため、発注から約定まで業界最短レベルの時間での約定が可能になります。

また、現在OANDAを通してBeexFXにお申込みいただくとBeexFXの通常価格よりも割引価格で利用いただけるというのも魅力の一つとなっています。(東京サーバ利用で1ヶ月1,700円~、詳しくはこちら) MT4による自動売買の導入を検討されている方は是非お試しください。


home_footer > オアンダでFXする3つの理由_インフラ