世界で戦う與那嶺恵理選手が語る「“自分の限界から成長する”ということ」
Photo by Kei Tsuji / 辻啓

OANDA Japan プロ契約ロードレーサーの與那嶺恵理です。
ユーザーの皆様、こんにちは!5月の日本、新緑が豊かな記憶があります。
私の住むオランダも春が過ぎ、夏へ向け緑が豊かになってきました。
ヨーロッパシーズンも真っ只中、歴史あるクラシックレースを行いながら、
日々日々、自分の限界を超えての仕事をチームから要望されます。ぜひ、下記のレポートをご覧ください。
https://cyclist.sanspo.com/394965
https://cyclist.sanspo.com/394382
https://cyclist.sanspo.com/393962

今回は“自分の限界から成長する”ということついて、お話しいたします。

私がロードレースの本場、ヨーロッパに拠点を移し、二年生となりました。
日常にロードレースが溢れる場所に住居を持ち、
日々適度な緊張感と充実感を持ちながら生活をしております。

そして、私が出場するレースは、出場選手全ての生活の糧を得る場です。
プロ選手として、生活がかかっています。
当然ですが、私より強い選手がゴロゴロいるサーキットです。
Photo by Kei Tsuji / 辻啓

ヨーロッパの厳しいレース中、多くの局面で自分の限界を超える時があります。
160kmのレースを行う時。
厳しい登りの中、徐々に脚が動かなくなる時。
恐怖を感じる時速80kmでの下りの時。

ここは耐えきって次の局面まで踏ん張ろう。
一つのレース中に10回以上、そう唱える時があります。

一歩づつ、一歩づつ、毎レース、毎レース
丁寧に限界を超えて積み重ねているうちに、
私は世界のトップサーキットで戦うことが出来ました。

自分の限界を超え成長する時、強く意識することは。
決して諦めないこと。一歩づつ進むこと。いずれ終わること。
そして、無事これ名馬で翌日に繋げること。

東京オリンピックまで830日
どうぞ応援よろしくお願いします!

全てを力に変えて

OANDA JAPAN プロ契約アスリート
自転車ロードレース 與那嶺 恵理


home_footer > プロサイクリスト與那嶺恵理選手が語る「“自分の限界から成長する”ということ」