新規口座開設

2国間の実効為替レートの比較

指定した通貨ペアを構成する2つの通貨の実効為替レート(国際決済銀行が公表している名目実効為替レートと実質実効為替レート)とFX市場のレートをグラフで表示します。

※ここでは、国際決済銀行(BIS)が毎月公表している2010年を100とする実効為替レート(Broad)の数値を使用しています。

実効為替レートとは?

実効為替レート(Effective Exchange Rate)とは、ある国の通貨の価値を貿易比率等を用いて加重平均して算出し、相対的な通貨の強弱を把握するための指標です。
実効為替レートの数値は、基準年を100とし、基準年に対する変化率を示しています。例えば、米ドルの実効為替レートが110の場合は、基準年から、米ドルが相対的に10%増加したという意味になります。
この実効為替レートをチェックすると、2つの国の間の通貨ペアのレートの値動きだけでは把握できない通貨の相対的な強さを把握することができます。

名目実効為替レートと実質実効為替レートの違いは?

実効為替レートには名目実効為替レートと実質実効為替レートの2種類が存在します。この2つの実効為替レートの違いは、名目実効為替レートは物価水準を加味せずに算出されたもの、実質実効為替レートは物価水準を反映させた実効為替レートとなります。

ホーム » OANDA Lab » 2国間の実効為替レートの比較