Python3ではじめるシステムトレード・・・・FX中級者向け書籍

お勧めポイント
サンプルを見る
Python3ではじめるシステムトレード
環境構築と売買戦略
Python3ではじめるシステムトレード

Python3でのデータ分析


この書籍では統計学の知識やプログラムに関する知識がないと難しい部分も多いですが、じっくりと読み込むと、Python3を使用することで様々な分析を行うことができ、様々な視点から売買戦略を考えることができるということに期待を感じると思います。

この一冊を読んですぐにシステムトレードができるというものではありませんが、パンローリングのウェブサイトで本書で紹介されているサンプルコードや、学び方ガイドをダウンロードすることができ、質問が多かった点や本書を読み終えた後に読むべき参考文献などが紹介されており、「Python」、「統計学」、「AI/機械学習」、「テクニカル分析」「リスクマネジメント」「戦略的思考」「金融市場」などシステムトレードを作成するにあたり必要な多岐に渡る知識をどのような書籍から得ることができるかを知ることができます。


様々なデータを用いた分析に応用可能


Pythonを用いたプログラムで様々なデータを用いた分析に活用することができそうです。 OANDAでもAPIを公開しているほか、本書でも紹介されている米国のセントルイス連銀のサイト「FRED」をはじめとしてEU統計局(Euro stat)英国統計局(Office for National Statistics)など様々な期間がAPIを公開しており、これらのデータを用いて様々な角度から分析し、優位性を導き出し、投資戦略に組み入れてみてみると人とは違った新たな売買戦略を構築することができるかもしれません。

【ドルインデックスをPythonを用いてグラフ化した例】

Pythonを用いてDollar Indexをグラフにした例




本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。






この記事をシェアする

home_footer > OANDA Lab × パンローリング > Python3ではじめるシステムトレード・・・・FX中級者向け書籍