新規口座開設

MT4の使い方

MT4(メタトレーダー4)の基本的な構造

MT4(メタトレーダー4)はFXの経験がある程度ある方には直感的に操作することができるような設計となっていますが、初心者の方には操作がわかりにくいと感じる方も多いと思います。そのような方はMT4の全体像から理解すると理解しやすいと思います。

 

MT4の基本構造

MT4(メタトレーダー4)の基本的な構造をご案内します。

 

MT4の全体図

mt4z

 

MT4の基本構造をまずは確認してみましょう。

 

①ツールバー

ツール・バーはMT4の様々な機能のうち、よく使われる機能がボタンで用意されています。

直感的に操作できるようにアイコン表示となっており、初めてMT4を使う方でも比較的わかりやすいものが多いです。

 

②気配値ウィンドウ

気配値ウィンドウでは各通貨の価格を確認することができます。そのほか、設定により、その日の高値安値を表示したりすることもできます。

 

③ナビゲーター

ナビゲーターでは、口座、インディケーター、エキスパートアドバイザ、スクリプトの管理を行うことができます。

具体的には口座の切替を行ったり、チャート上にインディケーターを表示させるときに使うほか、EAの稼働をスタートするときやスクリプトを使うときにも使います。

 

④チャート・ウィンドウ

チャートウィンドウではチャートを表示します。

チャートはパソコンのスペックが許す限り何枚でも出すことができます。

また、チャートのデザインも自由に調整できるようになっています。

 

⑤ターミナル・ウィンドウ

ターミナルウィンドウでは取引の管理や操作の履歴、アラームの設定などを行うことができます。

その他、メニューバーの表示から選択することで次の2つのウィンドウを表示することができます。

 

⑥データ・ウィンドウ

データ・ウィンドウではカーソルを当てた地点のチャートの4本値テクニカル指標などの数値を表示させるウィンドウになります。

datawindow

 

⑦ストラテジーテスター・ウィンドウ

ストラテジーテスター・ウィンドウでは自動売買ソフトのバックテストや最適化などを行うときに使います。

裁量売買の方はあまり使うことはありませんが、自動売買を行う方は頻繁に使うことになるウィンドウです。


この記事をシェアする

ホーム » MT4の使い方 » MT4(メタトレーダー4)の基本的な構造