MT5の使い方

android版MT5(メタトレーダー5)でチャートの表示領域を調整する方法

android版MT5アプリのチャート画面は、大きく「メインウィンドウ」と「インディケータウィンドウ」の二つに分かれており、基本的にオシレーター系のインジケーターを追加すると、メインウィンドウとは独立したインディケータウィンドウに表示されます。その際、メインウィンドウとインディケータウィンドウの表示領域を自分好みに調整することが可能です。

android版MT5アプリのチャート画面は、大きく「メインウィンドウ」と「インディケータウィンドウ」の二つに分かれています


チャートの表示領域を調整する方法


メインウィンドウとインディケータウィンドウの二つが表示されている状態で、チャート画面を1秒ほど長押しします。場所はメインウィンドウでもインディケータウィンドウでも構いません。

境界線をタップしたまま上下にドラッグ(画面上をスライドさせる)して位置を調整します

するとメインウィンドウとインディケータウィンドウの境界線の中央に丸い点の移動ポイントが出てくるので、境界線をタップしたまま上下にドラッグ(画面上をスライドさせる)して位置を調整します。境界線を希望する位置まで移動したら、画面から指を離しましょう。ちなみに、境界線の右端に現れる「×」マークをタップすると、インディケータウィンドウのインジケーターを削除できます。

チャート画面をタップして選択を解除します

このままでは境界線がまだ選択された状態(移動できる状態)なので、チャート画面をタップして選択を解除します。

境界線から移動ポイントが消えれば、表示領域の調整は完了です

境界線から移動ポイントが消えれば、表示領域の調整は完了です。

境界線から移動ポイントが消えれば、表示領域の調整は完了です

MT5を学びたい方へオススメコンテンツ

MT5

OANDA証券ではMT5(メタトレーダー5)の基本的な使い方を、画像や動画を用いて詳しく解説します。OANDA証券が独自開発したオリジナルインジケーター自動売買(EA)なども豊富に提供しています。OANDA証券の口座をお持ちであれば無料で使えるので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

ホーム » MT5の使い方 » android版MT5(メタトレーダー5)でチャートの表示領域を調整する方法