用語解説

流動性 - FX初心者向け用語解説(りゅうどうせい)

流動性とは?

FX市場における流動性とは、市場参加者の多さと考えると理解しやすいと思います。

流動性とは、会計等では「換金しやすいかどうか」というような意味で使われることが多いことばですが、相場用語では、素早く決済を行うことができるかどうかという意味で使います。

FX市場ではEURUSDやUSDJPYといった通貨ペアは市場参加者が多く、流動性の高い通貨ペアといえます。 このため、市場で素早く取引相手が見つかる状況であるため、価格の動きが滑らかと言う特徴があります。

これに対し、ZARJPYやTRYJPYのようなマイナーな通貨ペアは市場参加者が少ない傾向があります。 このため、市場で取引相手を見つけるのがUSDJPYなどに比べると難しくなり、価格の変動率(ボラティリティ)が大きくなる傾向があります。

 

【流動性のイメージ】

流動性のイメージ画像

 

FX市場全体での通貨ペアごとの取引量を見ると、ユーロドル、ドル円で全体の4割近くの取引取引量を占めており、流動性が高い通貨ペアというのが確認できると思います。その他通貨ペアになると徐々に取引量が少なくなり、流動性が少なくなります。

 

【FX市場の通貨ペアごとの取引量】

FX市場の通貨ペアごとの取引量のグラフ

出所BIS


この記事をシェアする

ホーム » 用語解説登録 » 流動性 – FX初心者向け用語解説