【誰でも分かる】OANDAオープンオーダーの見方、使い方

オープンオーダーはあなたのFXの勝率を高めるのに役立つ情報です。
できるだけ平易な言葉を使い、丁寧に順序立てて説明していますので、
少し長い文章ですが、是非最後までお読みになりトレードに役立てて下さい。
※この記事はオープンオーダーの説明です。
※オープンポジションの分かりやすい説明はこちらから御覧ください。

オープンオーダーって何?


オープンオーダーとは、
・世界中にいるOANDAのお客様が、
・この値段になったら買いたい、売りたいという
・注文の量を
・グラフ化したもの
です。

このようにグラフ表示がされます。

よく分からないですよね?
大丈夫です、読むのを諦めないで下さい。
1つずつ噛み砕いて説明します。


あなたが損をした時、海の向こうでは誰かが得している


まず「世界中にいるOANDAのお客様が」についてです。

トレード時はあまり意識しませんが、FXは日本人だけでなく、アメリカ人、イギリス人、中国人、など
世界中の人々が参加をしています。
あなたが損切りをした時、海の向こうでアメリカ人が利食いをする、といったことが実際に起きています。


更に為替市場はニューヨーク、ロンドンを初めとする欧米市場を中心に回っているので、
日本人の売買動向を見るだけでは不十分、日本市場だけを見ていては到底勝率を上げることはできません。

OANDAは世界各国に拠点を持つFXブローカーで、世界中のお客様が利用しています。

日本だけでなく、世界中のFXプレーヤーからONADAに注文が出されるので、
OANDAオープンオーダーでは、世界中のプレーヤー動向を見ることができるのです。
これが「世界中にいるOANDAのお客様が」の意味です。

オープンオーダーのグラフに現れるもの


次にこの3つを説明します。


先程お見せしたオープンオーダーのグラフには5つの情報が盛り込まれています。

①指値売り
②逆指値買い
③逆指値売り
④指値買い
⑤今の為替レート

これら5つの情報が、グラフの上で、以下のように配置されています。


いっきに分かりづらい内容になりましたよね?
大丈夫です!!
もう少し読み進めれば、必ず理解できます。

どのような取引がこのグラフに反映されるか、具体的な取引を見てみましょう。
専門用語が出てきましたが、もう少し頑張って読んでみて下さいね。
登場人物は彼ら、彼女たちです。


①指値売りのグラフ(左上部分)に表示される人たち

アメリカ人のトレーダー、マイケルさん。
過去に1ドル100円でドルを買いました。
現在101円になっており得しています。
マイケルさんは102円になったら利益を確定するため、ドルを「売りたいなぁ」と思っています。
そこでマイケルさんは「102円になったらドルを売る」という指値売り注文をOANDAに出しました。
この注文は、オープンオーダーのグラフ左上、オレンジ部分に表示されます。


②逆指値買いのグラフ(右上部分)に表示される人たち

中国人のトレーダー、春麗さん。趣味は二胡。
過去に1ドル100円でドルを売っていました。
現在101円になっており損しています。
春麗さんは102円になったら、これ以上損が拡大すると怖いので、
損をレート102円の時に確定させるため、ドルを「買いたいなぁ」と思っています。
そこで春麗さんは「102円になったらドルを買う」という逆指値買い注文をOANDAに出しました。
この注文は、オープンオーダーのグラフ右上、ブルー部分に表示されます。

③逆指値売りグラフ(左下部分)に表示される人たち

インド人のトレーダー、クマールさん。カレー大好き。
過去に1ドル102円でドルを買っていました。
現在101円になっており損しています。
クマールさんは100円になったら、これ以上損が拡大すると怖いので、
損をレート100円の時に確定するため、ドルを「売りたいなぁ」と思っています。
そこでクマールさんは「100円になったらドルを売る」という逆指値売り注文をOANDAに出しました。
この注文は、オープンオーダーのグラフ左下、ブルー部分に表示されます。


④指値買いグラフ(右下部分)に表示される人たち

日本人トレーダーの山田さん。メガネっ娘。
過去に1ドル102円でドルを売っていました。
現在101円になっており得しています。
山田さんは100円になったら利益を確定するため、ドルを「買いたいなぁ」と思っています。
そこで山田さんは「100円になったらドルを買う」という指値買い注文をOANDAに出しました。
この注文は、オープンオーダーのグラフ右下、オレンジ部分に表示されます。


それぞれの人たちの状況をまとめると・・・・


各エリアのいる人たちが、どんな人たちかまとめるとこのようになります。

さて、ここまでがOANDAオープンオーダーの見方です。
どうですか?少しイメージ湧きましたか?

ここからは、オープンオーダーをどう使って、FXの勝率を高めるのかを説明します。
その前に、少しコーヒーブレイクをどうぞ。

どう使って勝率を上げるのか?


イメージが湧きやすいように、ある日のサラリーマン投資家、一郎さんの考えた戦略を見てみましょう。
※分かりやすく説明するため、極端にシンプルな仮定トレードを使っています。

①この日、ドル円は102円から始まり下落傾向
一郎さんはオープンオーダーを確認。
グラフ右下、指値買いの100円に買いが多くあることに気づきました。
そして彼は考えたのです。
②買いが多くあるということは、値段は下がっても100円まで。100円から値上がりに反転するのでは?
もし予想通り100円周辺で上昇に向かったら、買いだ!
③もし更に上がった所で売り抜けたら、明日の飲み会代、浮いちゃうなぁ!



別の例を見てみましょう。
ママ投資家のミドリさんの考えた戦略です。

①この日、ドル円は100円から始まり上昇傾向
ミドリさんはオープンオーダーを確認。
グラフ右上、逆指値買いの101円前半あたりに、買いが多くあることに気づきました。
そして彼女は考えたのです。
②あそこには損を確定させたい買いが集まってる。
損を受け入れる人たちの注文を乗り越えて、まだ値段が上がるなら、大きな値上がりパワーだわ。もっと値上がりするかも!
③もっと上がった所で売り抜けられたら、今日のおかず一品増やせちゃう!


どうでしょうか?使い方のイメージ、持って頂けたでしょうか?
世界の投資家たちが、どのような状態にあるか一目瞭然なので、
どのタイミングで売り買いするのか予測をたてやすい、と思いませんか?

画面を行ったり来たりするのが・・・


オープンオーダーは誰でも、無料で見られる情報です。
ここからパソコンで、スマホでも見られます。
しかし、既にお使いのトレーダーの方からよく聞かれるのが、
オープンオーダーの画面と取引画面を何度も切り替えるのが面倒
というお声です。

取引画面にあるチャートはずっと動いていますし、オープンオーダー情報も約20分に1回更新されます。
そのため、オープンオーダーの情報をもとに取引しようと思うと、
パソコンの画面を何度も何度も切り替える必要があり、面倒に感じられます。
それに、これでは貴重な取引のタイミングを逃してしまうかもしれません。

OANDAはオープンオーダー情報とチャートの動きを1つの画面で確認できるツールを開発。
MT4という世界で最も使われる取引プラットフォームで、このオープンオーダーの情報をチャートに重ねて確認できます。

実際の画面↓

こちらからOANDAの口座を開設。
その後、このキャンペーンに参加すれば誰でもこの便利ツールをお使い頂けます。

この記事を読んで、オープンオーダーをトレードに活かしたいと思って頂けたら嬉しいです。



本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。