TradingViewの使い方

android版TradingView(トレーディングビュー)で任意の日付のチャートを表示する方法


android版TradingViewアプリでは、PC版と同じように任意の日付のチャートをピンポイントで瞬時に表示することができます。
また、特定期間のチャートを表示することも可能です。
例えば、「過去1年間の値動きを確認したい」という場合に活用することができます。

任意の日付のチャートを表示する方法

android版TradingViewを立ち上げ、ボトムナビゲーション(画面の一番下)の「チャート」をタップします。

ボトムナビゲーション(画面の一番下)の「チャート」をタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

チャート画面に遷移したら、画面下部右端にある「…」アイコンをタップします。

画面下部右端にある「…」アイコンをタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

表示されるメニューの「日付範囲」のところを左にスワイプして、右端にある「移動」をタップします。

「日付範囲」のところを左にスワイプして、右端にある「移動」をタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

カレンダーが表示されたら、移動したい日付を指定します。
ここでは例として、2020年10月15日のチャートを表示してみましょう。
日付の指定が済んだら、右下の「OK」をタップします。

移動したい日付を指定
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

これで、2020年10月15日のチャートを表示することができます。

2020年10月15日のチャートを表示が完了
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

特定期間のチャートを表示する方法

チャート画面を開き、画面下部右端にある「…」アイコンをタップします。

チャート画面の画面下部右端にある「…」アイコンをタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

表示されるメニューの「日付範囲」の中から、チャートの表示期間を選択します。
選択できる期間は、「1日」「5日」「1ヶ月」「3ヶ月」「6ヶ月」「年初来」「1年」「5年」「すべて」の9種類です。
ここでは例として、過去1年間のチャートを表示したいので、「1年」のボタンをタップします。

表示されるメニューの「日付範囲」の中から、チャートの表示期間を選択
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

これで、過去1年間のチャート表示に切り替えることができます。
適用される時間軸は、選択した期間に応じて自動的に変わります。
例えば、1時間足チャートで1年を選択すると、「日足」の表示に切り替わります。

過去1年間のチャート表示に切り替えが可能に
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

android版Tradingviewの操作方法を学びたい方へオススメコンテンツ

Android

OANDA証券では、インジケーターの設定方法、成行注文や指値注文といった様々な注文方法のやり方、チャートの色や時間軸の変更方法といった基本操作など、android版Tradingviewの操作方法に関するあらゆる記事の提供を行っています。
またOANDA証券では、「市場開始レンジ戦略ストラテジー」「週明けの窓埋めストラテジー」など、Tradingviewで利用できるストラテジーの提供も行っています。
OANDA証券の口座をお持ちの方なら無料で利用できるので、ぜひ口座開設を検討してみてください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » TradingViewの使い方 » android版TradingView(トレーディングビュー)で任意の日付のチャートを表示する方法