TradingViewの使い方

iPhone版TradingView(トレーディングビュー)でチャートに表示したインジケーターの設定を変更する方法

iPhone版TradingViewアプリでは、チャートに表示したインジケーターのパラメーターやデザインなどを自由に変更することができます。自分好みのインジケーターにカスタマイズしましょう。


インジケーターの設定を変更する方法


チャート画面を開き、メインウィンドウやサブウィンドウの左上に表示されるインジケーター名をタップ、もしくは表示中のインジケーター上をタップします。

チャート画面を開き、メインウィンドウやサブウィンドウの左上に表示されるインジケーター名をタップ

インジケーター名の右側に出てくる歯車の形をした設定アイコンをタップすると、設定画面が表示されます。

インジケーター名の右側に出てくる歯車の形をした設定アイコンをタップ

インジケーターの設定画面は、基本的に「パラメーター」「スタイル」「可視性」に分かれており、画面上部のタブで切り替えることができます。

・パラメーター
表示するインジケーターの時間足や期間、算出に用いる価格の種類などを設定します。設定できるパラメーターはインジケーターによって異なります。

インジケーターの設定画面は、基本的に「パラメーター」「スタイル」「可視性」に分かれており、画面上部のタブで切り替えることができます

・スタイル
インジケーターのラインの色や太さ、ラインの種類などのデザインを設定します。

インジケーターのラインの色や太さ、ラインの種類などのデザインを設定します

・可視性
インジケーターの表示/非表示を時間軸ごとに設定します。チェックボックスにチェックを入れた時間軸にのみインジケーターが表示されます。例えば、「日足と週足だけ移動平均線を表示し、1分足と1時間足にはボリンジャーバンドを表示する」といった使い方も可能です。

インジケーターの表示/非表示を時間軸ごとに設定します

パラメーター、スタイル、可視性の設定が済んだら、最後に「OK」をタップします。これでインジケーターの設定変更は完了です。

パラメーター、スタイル、可視性の設定が済んだら、最後に「OK」をタップします

なお、「OK」の左側にある「…」アイコンをタップすると、「設定をリセット」と「デフォルトを保存」を選べます。「設定をリセット」は文字通りインジケーターの設定を元の状態にリセットしたい場合に使います。一方、「デフォルトを保存」ではインジケーターの設定を保存することが可能です。次回からその保存した設定でインジケーターが表示されます。

「OK」の左側にある「…」アイコンをタップ

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » iPhone版TradingView(トレーディングビュー)でチャートに表示したインジケーターの設定を変更する方法