TradingViewの使い方

android版TradingView(トレーディングビュー)でRVIを設定する方法


android版TradingViewアプリで、RVIを設定する方法を紹介します。
RVIは、統計学の標準偏差を用いたオシレーター系のテクニカル指標で、ボラティリティの拡大や縮小を判断するのに役立ちます。
正式名称は「Relative Volatility Index」といい、日本語に訳すと「相対ボラティリティ(変動率)指数」です。
TradingViewのRVIは、デフォルトでRVIをベースにした移動平均線も重ねて表示されます。

android版TradingViewアプリで、RVIを設定する方法
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

RVIをチャートに追加する方法

android版TradingViewを立ち上げ、ボトムナビゲーション(画面の一番下)の「チャート」をタップします。

android版TradingViewを立ち上げ、ボトムナビゲーション(画面の一番下)の「チャート」をタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

チャート画面に遷移したら、下部にある「+」アイコンをタップ。

チャート画面に遷移したら、下部にある「+」アイコンをタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

表示されるメニューの中から、「インジケーター」をタップします。

表示されるメニューの中から、「インジケーター」をタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

次の画面で「テクニカル」をタップ。

次の画面で「テクニカル」をタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

テクニカル画面に遷移したら「インジケーター」を選択し、一覧の中から「RVI(相対ボラテリティ指数)」をタップします。
画面右上の「×」アイコンをタップしてチャート画面に戻ると、RVIが表示されます。

テクニカル画面に遷移したら「インジケーター」を選択し、一覧の中から「RVI(相対ボラテリティ指数)」をタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

RVIの設定画面の使用方法

設定画面は、サブチャート左上のインジケーター名、もしくは表示中のRVIのタップで出てくる歯車の形をした設定アイコンをタップすれば表示できます。

設定画面は、サブチャート左上のインジケーター名、もしくは表示中のRVIのタップで出てくる歯車の形をした設定アイコンをタップ
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

RVIの設定画面は、「パラメーター」「スタイル」「可視性」に分かれており、画面上部のタブで切り替えることができます。
全ての設定が完了したら「OK」をタップしましょう。
なお、「OK」の左側にある「…」アイコンをタップすると、設定のリセットや設定の保存が可能です。

「パラメーター」では、表示するRVIの時間足や期間などを設定します。

RVIの設定画面は、「パラメーター」「スタイル」「可視性」に分かれており、画面上部のタブで切り替えることができます
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

①時間足

どの時間足のRVIを表示するかを選択します。デフォルトは「チャート」で、その場合はチャートに表示中の時間足のRVIが表示されます。

  • ・チャート
  • ・1分
  • ・3分
  • ・5分
  • ・15分
  • ・30分
  • ・45分
  • ・1時間
  • ・2時間
  • ・3時間
  • ・4時間
  • ・1日
  • ・1週
  • ・1か月

②期間

RVIを算出する期間を設定します。
デフォルトの期間は「10」です。

③オフセット

RVIを表示させる場所を左右にずらせます。
プラスの数値を入力すると右に、マイナスの数値を入力すると左に移動します。

RVIを表示させる場所を左右にずらせます
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

④MA Type

RVIをベースにした移動平均線の種類を選択します。
デフォルトの種類は「SMA」です。
「Bollinger Bands」を選択すると、RVIのボリンジャーバンドが追加されます。

  • ・SMA
  • ・Bollinger Bands
  • ・EMA
  • ・SMMA(RMA)
  • ・WMA
  • ・VWMA

⑤MAの期間

MA Typeで指定した移動平均線を算出する期間を設定します。
デフォルトの期間は「14」です。

⑥BB StdDev

MA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。
表示するボリンジャーバンドの標準偏差を設定します。
デフォルトの数値は「2」で、その場合、移動平均線と±2σの合計3本のラインが表示されます。

「スタイル」では、RVIの線の色や太さ、種類などを設定します。

RVIを表示させる場所を左右にずらせます
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

①RVI(相対活力指数)

RVIの表示/非表示を設定します。
また、RVIの線の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

②RVI-based MA

RVIをベースにした移動平均線の表示/非表示を設定します。
また、移動平均線の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

③Upper Bollinger Band

「パラメーター」タブのMA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。
ボリンジャーバンド上限の表示/非表示を設定します。
また、バンド上限の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

④Lower Bollinger Band

「パラメーター」タブのMA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。
ボリンジャーバンド下限の表示/非表示を設定します。
また、バンド下限の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

⑤アッパーバンド

RVIのアッパーバンド(買われ過ぎのレベルを示すライン)の表示/非表示を設定します。
また、アッパーバンドの色や不透明度、太さ、種類、値を変更できます。
デフォルトの値は「80」です。

⑥Middle Band

RVIのミドルバンド(アッパーバンドとロワーバンドの間のライン)の表示/非表示を設定します。
また、ミドルバンドの色や不透明度、太さ、種類、値を変更できます。
デフォルトの値は「50」です。

⑦ロワーバンド

RVIのロワーバンド(売られ過ぎのレベルを示すライン)の表示/非表示を設定します。
また、ロワーバンドの色や不透明度、太さ、種類、値を変更できます。
デフォルトの値は「20」です。

⑧背景

RVIのアッパーバンド~ロワーバンド内の背景色の表示/非表示を設定します。
また、背景の色や不透明度を変更できます。

⑨Bollinger Bands Background Fill

「パラメーター」タブのMA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。
ボリンジャーバンド内の背景色の表示/非表示を設定します。
また、背景の色や不透明度を変更できます。

⑩精度

RVIの値を小数点第何位まで表示するかを設定できます。

  • ・デフォルト
  • ・0
  • ・1
  • ・2
  • ・3
  • ・4
  • ・5
  • ・6
  • ・7
  • ・8

⑪価格スケールのラベル

価格スケールのラベルの表示/非表示を設定します。

⑫ステータスラインの値

ステータスラインの値の表示/非表示を設定します。

「可視性」では、RVIの表示/非表示を時間軸ごとに設定します。
チェックボックスにチェックを入れた時間軸でのみRVIが表示される仕組みで、チェックをはずすと非表示に切り替わります。

「可視性」では、RVIの表示/非表示を時間軸ごとに設定
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

android版Tradingviewの操作方法を学びたい方へオススメコンテンツ

Android

OANDA証券では、インジケーターの設定方法、成行注文や指値注文といった様々な注文方法のやり方、チャートの色や時間軸の変更方法といった基本操作など、android版Tradingviewの操作方法に関するあらゆる記事の提供を行っています。
またOANDA証券では、「市場開始レンジ戦略ストラテジー」「週明けの窓埋めストラテジー」など、Tradingviewで利用できるストラテジーの提供も行っています。
OANDA証券の口座をお持ちの方なら無料で利用できるので、ぜひ口座開設を検討してみてください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » android版TradingView(トレーディングビュー)でRVIを設定する方法