新規口座開設

FX初心者の方

FX資金管理のやり方①リスクリワードレシオ、勝率について


FXの資金管理とは?


資金管理とは一般的に「ポジション管理」とも呼ばれ、運用資金に対しどのくらいポジションを保有するのかを管理することです。FXで長期的に利益を得ていくためには、資金管理は必要不可欠といえます。

なぜならFXはプロのトレーダーでも損失を出す投資であり、損失を最小限に抑えながら取引を行わなければいけないからです。資金管理を怠り高いレバレッジでの取引や損切りを設定しないなどの取引を行えば、ある程度経験のあるトレーダーでも相場から退場してしまうケースもあります。

逆に資金管理をしっかりと行えば大きな損失を出すリスクが減らせ、長期的に安定した利益獲得の第一歩を踏み出したといえるでしょう。資金管理は取引手法よりも先に覚えておくべきスキルとも言えます。

第1回目の今回は資金管理の一つであるリスクリワード比率、勝率についてご案内いたします。簡単なようで実行することが難しい部分でもあるため、しっかりと理解し効率の悪いトレードの回避を目指しましょう。


リスクリワードレシオ(比率)とは?


リスクリワードレシオとは、勝ちトレードの利益と負けトレードの損失の比率です。言い換えれば、1回のトレードにおいて、リスク(損失)1に対して、どのくらいのリターン(収益)を上げているかを数値化したものです。


リスクリワードレシオの計算方法


リスクリワードレシオの計算方法は、以下の通りです。

  • リスクリワード比率=勝ちトレードの利益平均/負けトレードの損失平均

つまり1を超えると勝ちトレードの平均が負けトレードの平均を上回ることになり、1を下回ると勝ちトレードの平均が負けトレードの平均を下回っていると判断できます。そして単純計算で勝率が50%でトレードを続けた場合、リスクリワード比率が1を上回ると利益が出て1を下回ると損失が出るという計算が可能です。

このリスクリワードレシオ(損益比率)を縦軸とし、勝率を横軸とした損益分岐点は次の図の曲線ようになり、これを上回れば利益が出るリスクリワード、勝率の組み合わせのトレーダー、これを下回ると利益の出ないリスクリワード、勝率のトレーダーとなります。

つまりこの表にトレードの結果を当てはめると、現在の戦略でトレードを続けると安定した収益を上げられるのか、損失を出す可能性が高いかを簡易的に判断できます。

利益とリスクリワードレシオ、勝率の関係をまとめると次の通りです。リスクリワードレシオが低くなると、勝率を高めなければ利益を出せません。一方でリスクリワードレシオが高くなれば、勝率が低くても利益をあげられます。

例えばリスクリワードレシオが0.5の場合は、勝率は7割近くないと利益が出ません。それに対しリスクリワードレシオが2の場合、勝率は40%程度でもしっかりと利益をあげられます。トレードの収益を改善するには、このリスクリワードレシオと勝率をバランスよく改善させる必要があります。

画像1/損益比率と勝率の関係

損益比率と勝率の関係

口座残高の推移


続いて実際に口座残高推移の例を見ながら、考えてみましょう。勝率が50%で前述のリスクリワードレシオが1で1回のトレードのリスク、リターンをそれぞれ2万円に固定した場合、口座資産の推移を示したのが次の図です。

画像2/口座残高推移(リスクリワード1・リターン2万円)

口座残高推移(リスクリワード1・リターン2万円)

口座資産は10回のトレードを終えた時点での残高は100万円です。リスクリワードレシオ、勝率のいずれかが高くなれば利益を上げられます。ただしこれは毎回同じ金額のリスク、リターンを狙った場合です。

同じ条件の上で毎回のトレードにおいて、口座資産の2%のリスク、リターンを狙うといった方法に変更した場合はどうなるでしょうか?このリスク管理方法の方が、口座資産が減った場合にリスクを減らし口座資産の減少を和らげられ、柔軟な資金管理方法ができるかもしれません。

画像3/口座残高推移(口座資産の2%のリスク、リターン)

口座残高推移(口座資産の2%のリスク、リターン)

しかし結果を見ると連敗の後に連勝が続いた場合、連勝の後に連敗が続いた場合、勝敗が交互となった場合のいずれも、勝率5割で資金が減少しています。つまりリスク、リターンを口座資産に対しての割合でとる場合は、リスクリワードレシオが1で、勝率が50%であっても利益が出ません。

これは、減少した資産を取り戻すには同じ割合の増加では足りないというのが理由です。具体的な例で見てみましょう。10万円の口座があったとします。口座が10%減った場合は残金が9万円です。次に10%の資産の増加があった場合は9万9000円となり、結果として、1勝1敗では口座資産が1000円減少しています。

このため口座資産に対する割合で1回のトレードのリスク、リターンの金額を決定する場合に利益を上げようと考える場合は、リスクリワードレシオ1、勝率50%では足りないことがわかります。

この口座資産に対する割合でリスク、リワードを計算するという方法は、口座資産の残金に対して、柔軟にリスクをコントロールできるほか、口座資産が増えた際は大きなリターンを狙えるという点では優秀ですが、固定金額で行った場合に比べると、勝率、リスクリワードレシオが少し高いトレードを行わなければならないという点で注意が必要です。

ちなみに勝率50%の場合、リスクリワードレシオは1.03付近が損益分岐点といえます。よって口座資産に対する割合でリスクを管理する場合は、利益を上げるためには、リスクリワードレシオ、勝率は固定金額のリスク、リターンを強く意識する必要があります。

画像4/口座残高推移(10万円の例)

口座残高推移(10万円の例)

リスクリワードレシオや勝率の改善方法


リスクリワードレシオ、勝率をバランスよく改善する必要があるといいましたが、どのように改善すればよいのでしょうか?トレードスタイルにより、リスクリワードレシオを上げることに力を入れるのか、勝率を高めることに力を入れるのかは変わってきますが、初心者の方が、コントロールしやすいのは、リスクリワードレシオの方です。

リスクリワードレシオのうち、一番トレーダーがコントロールしやすいのはリスクの部分です。損切り注文を入れることで、基本的にはリスクを一定額に抑えられます。また、リターンもコントロールしやすい部分の一つです。あらかじめ利益確定の水準を考えておき、指値注文を入れておけば、一定水準の利益を確保できます。

例えばエントリー前にチャート上で損切り水準や利益確定の水準を考え、リスクリワードレシオがしっかりと目標水準を超えられた場合にのみエントリーを行い、同時に損切り注文と利益確定の注文を出しておくというルールを定めておけば、基本的にリスクリワードレシオは目標水準を維持できます。

リスクリワードレシオをチェックするには、fXTradeまたはTradingveiwの描画ツールが便利です。

詳しくはこちら

トレードを難しくしている要因の一つに、早すぎる利益確定が原因というものがあります。これは人間の本能として、利益は早く確定してしまいたいという衝動が働くことによるものです。

その結果としてリスクリワードが低下し、結果として口座資産を減らしてしまうというパターンです。このようにならないためにも、最初に設定した利益確定水準は基本的に動かさないというルールも定めておきましょう。

ただしリスクに対して大き過ぎるリターンを狙ってしまうと、勝率が悪化する可能性も高まるため、損失とのバランスが重要です。初心者の方は、まずは勝率50%以上で利益が出るリスクリワードレシオ1以上を目指しましょう。

エントリーする前に一度深呼吸し、そのトレードが割の合わないトレードでないかをしっかりとチェックし、エントリーするかどうかを決定するようにすることをオススメします。

具体的には、エントリーする前に損切り、利益確定の水準までの距離を比較し、損切りまでの水準の方が大きいようであれば、リスクリワードレシオが1を割り込んでしまうので、エントリーを見送るというような対策を行います。

画像5/エントリーをしてもよい場合

エントリーしてもよい場合

画像6/エントリーを見送る場合

エントリーを見送る場合

特に、相場の動きに乗じて衝動的にトレードを行うような場合には、このリスクリワードレシオを考える余裕もなく、エントリーしてしまいがちなケースですので注意しましょう。このほか勝ちトレードの後に気持ちが大きくなった精神状態で行なうトレードや、負けトレードの後の不安定な精神状態で行うトレードも同様に、リスクリワードレシオを考えずにエントリーしてしまいがちです。

これらに共通するのは次のトレードまでに十分な準備をする時間的、精神的余裕がないケースも考えられます。このような場合でもしっかりとリスクリワードレシオを考えてトレードする癖をつけましょう。

これに対し勝率は運にも左右されることが多いため、コントロールが難しいと言えます。テクニカル分析を駆使し、リスクリワードレシオが1以上で勝率50%以上のエントリーポイントを、根気強く探していくしかありません。

できる限りの過去のデータでバックテストを行う、またデモトレードや少額のトレードで検証を行い、成績の良いものを中心に実戦で使うといった方法が一般的です。ただし、過去の相場と将来の相場は異なり、まったく同じ値動きになるというものではないため、過去のデータを過信しすぎるというのも禁物といえます。

トレードは、リスクリワードレシオが1であれば、上か下かの2択(50%)のゲームですので、それを少しでも超えられれば、利益を上げられるというゲームです。繰り返しですがエントリーのタイミングを考えるときには、必ず損切りの水準も考え狙える利益を比較して考える癖をつけておきましょう。

まずはリスクリワードレシオが1以上になるように徹底し、それに併せて勝率も上げるための分析を続けるという地道な作業が必要となります。簡単なことではありませんが、言い方を変えれば、リスクリワードレシオ、勝率を少し高める優位性のある売買戦略を見つけ出せれば、利益を上げられるといえます。

これらの点を意識して自己のトレード戦略を見直せば、改善策が見えてくるかもしれません。


現状のトレードを分析してみよう


OANDAの取引パフォーマンス機能を使うと、現在の自分の取引パフォーマンスを簡単にチェックできます。これまでのリスクリワードレシオや勝率はもちろん、通貨ペアごとの成績、エントリー時間ごとの成績、心理的要因によるパフォーマンスの変化などもチェックできるので是非お試しください。

OANDAの取引パフォーマンス機能についてはこちら


OANDAが提供する資金管理のやり方に関する記事一覧


OANDAでは資金管理のやり方について、様々な記事を用意しています。リスクリワードや勝率以外にも詳しく知りたいのであれば、是非ご参考ください。


FX資金管理のやり方②適切なポジションサイズの設定


1回のトレードリスクの計算方法や適切なポジションサイズについて詳しく紹介します。「1回の取引でどのくらいリスクを取ればよいのだろう?」「何Lotで取引すればよいのだろう?」というお悩みをお持ちの方は、是非ご参考ください。

FX資金管理のやり方②適切なポジションサイズの設定を読む


FX資金管理のやり方③1日の最大損失額、連敗数の設定


1日の最大損失額の設定方法や、最大連敗数の設定方法について紹介します。「1日にどのくらい損失額を出してよいのか?」「何連敗までならしても良いのか?」というお悩みをお持ちの方は、是非ご参考ください。

FX資金管理のやり方③1日の最大損失額、連敗数の設定を読む


FX資金管理のやり方④1日のトレード回数、同時に保有する銘柄数について


1日のトレード回数や同時に保有する銘柄数について紹介します。「1日何回トレードしたらよいの?」「1回に何銘柄の取引を行えば良いの?」というお悩みをお持ちの方は、是非ご参考ください。

FX資金管理のやり方④1日のトレード回数、同時に保有する銘柄数についてを読む


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » FX資金管理のやり方①リスクリワードレシオ、勝率について