新規口座開設

MT4の使い方

MT4(メタトレーダー4)の自動売買の導入方法④(自動売買の稼働)

バックテストや最適化などを行なった後、期待ができそうなEAであれば、いよいよ自動売買を開始します。

ただし、いきなり本番を開始するのではなく、デモ口座や小額でフォワードテストを行うことを強くお勧め致します。

 

フォワードテストとは?

フォワードテストとは、実際にEAを動かし、将来の価格でテストを行うことをいいます。 バックテストは過去のデータを元にどのくらい利益が出たのかを確認するテストであるのに対し、フォワードテストは実際のEAの稼働状況(プログラムに基づきしっかりと注文が発注されているかどうか)についても検証することができます。

このため、自動売買を開始する前にはフォワードテストを行い、納得のいく結果が得られたら本格的な稼働に移行するようにしましょう。

 

自動売買の開始方法

自動売買プログラムの稼働方法をご案内します。

 

チャート上にEAをドラッグ&ドロップ

EAを稼働させたい通貨ペアのチャートを用意し、EAを稼働させる時間軸に設定します。

その後、ナビゲーターにある稼働させたいEAをそのチャート上にドラッグ&ドロップします。

すると、EAの設定画面が出てきます。

基本的にはコモンのところはLong&Short(売りと買いの両方)を選択し、アラームを有効化にチェックを入れておきます。 そして、「自動売買を許可する」、「外部のエキスパートの使用を許可する」にチェックを入れます。

ただし、EAによってはその他設定する項目がある場合があるため、開発者の作ったEAのマニュアルを必ず確認する必要があります。

19

 

自動売買の開始

チャート上にドラッグ&ドロップした後は、ツールバーの自動売買ボタンをクリックします。
24
自動売買ボタンが緑に変わると自動売買が開始します。
22

チャート上部の顔のマーク

チャート上部の顔のマークで自動売買プログラムが動いているかどうかの確認ができます。
顔のマークがにっこり笑っている場合は自動売買プログラム(EA)が稼働しています。
21
それに対し、への字口となり起こっているような顔をしているときは自動売買が停止している状態となります。
23

自動売買を停止する場合

自動売買を停止する場合はツールバーの自動売買ボタンを押します。赤のストップマークになれば自動売買が停止します。(全ての自動売買が停止)
また、チャート上で右クリックし、エキスパートアドバイザを選択し、「自動売買を許可する」のチェックを外すとそのEAの稼働が止まります。

停止する際の注意事項

自動売買を停止する際に保有しているポジションは自動売買を停止しても決済されません。
そのため、自動売買を停止する際にポジションを保有している場合は手動で決済しなくてはなりませんのでご注意ください。


この記事をシェアする

ホーム » MT4の使い方 » MT4(メタトレーダー4)の自動売買の導入方法④(自動売買の稼働)