MT5の使い方

android版MT5(メタトレーダー5)のワンタイムパスワードジェネレーター(OTP)を使ってMT5のセキュリティを高める方法

android版MT5アプリのワンタイムパスワードジェネレーター(以下、OTP)を使って、MT5に登録している取引口座のセキュリティを高める方法を解説します。この設定をすると、パソコンのMT5で取引口座へのログインが、2段階認証となります。

  • <用意するもの>
  • ・取引口座
  • ・パソコンのMT5
  • ・androidのMT5アプリ

MT5取引口座で2段階認証の設定を有効化する


取引口座のマイページにログインし、「MT4/MT5の2段階認証設定」のページへ移動します。

「MT4/MT5の2段階認証設定」のページへ移動

「MT4/MT5の2段階認証設定」のページへ移動2

2段階認証設定をしたいMT5口座(サブアカウント)を選び、「有効化する」ボタンを押します。

MT5口座(サブアカウント)を選び、「有効化する」ボタンを押します


androidのMT5アプリでOTPを設定する


次は、androidのMT5アプリを用意し、MT5で取引口座にログインします。アプリのインストールや取引口座へのログイン方法については、こちらの記事をご参照ください。

MT5(android版)のインストール、ログイン方法を紹介

MT5アプリを起動し、画面左上にあるメニューアイコン(3本線のアイコン)をタップ。

画面左上にあるメニューアイコン(3本線のアイコン)をタップ

「口座管理」をタップし、次の画面で上部の鍵穴アイコンをタップします。

「口座管理」をタップ

上部の鍵穴アイコンをタップ

4桁の確認コードを求められるので、任意の数字を入力しましょう。「確認コードを再度入力してください」というメッセージが表示されたら、最初に入れた4桁の確認コードを再度入力し、次の画面で「アカウントに結合する」を選択します。鍵穴アイコンをタップするたびに入力を求められるので、確認コードは必ず覚えておいてください。

最初に入れた4桁の確認コードを再度入力

「アカウントに結合する」を選択

「結合」のチェックボックスがオンの状態(チェックが入っている状態)なのを確認し、「パスワード」のところに取引口座のパスワードを入力したら、画面右上の「結合」をタップします。「ワンタイムパスワードジェネレータは、~に結合されました」と表示されればパソコン版MT5との結合が完了です。

「パスワード」のところに取引口座のパスワードを入力

「ワンタイムパスワードジェネレータは、~に結合されました」と表示


パソコンのMT5で2段階認証を確認する


メニューバーの「ファイル」→「取引口座にログイン」から、パソコンのMT5で取引口座にログインします。ダイアログにログインID、パスワードを入力し、サーバーを選択して「ログイン」をクリックすると、次のダイアログで「ワンタイムパスワード」が追加されていることが分かります。

androidのMT5アプリのOTPで確認できる6桁の数字を、ここに入力しましょう。設定が正しくできていれば、次にMT5を起動したときからワンタイムパスワードが求められる2段階認証となります。

メニューバーの「ファイル」→「取引口座にログイン」から、パソコンのMT5で取引口座にログイン

ワンタイムパスワードが求められる2段階認証

MT5を学びたい方へオススメコンテンツ

MT5

OANDA証券ではMT5(メタトレーダー5)の基本的な使い方を、画像や動画を用いて詳しく解説します。OANDA証券が独自開発したオリジナルインジケーター自動売買(EA)なども豊富に提供しています。OANDA証券の口座をお持ちであれば無料で使えるので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » MT5の使い方 » android版MT5(メタトレーダー5)のワンタイムパスワードジェネレーター(OTP)を使ってMT5のセキュリティを高める方法