用語解説

トレーリングストップとは?目安やMT4/MT5への設定方法も紹介


トレーリングストップとは?


トレーリングストップとは価格が有利な方向に動いた場合、ストップ注文(逆指値)も併せて一定幅ずつ有利な方向へスライドさせる注文方法です。一度有利な方向へ動いたストップ注文は戻ることがないので、相場が反転した場合はトレールされた水準で決済が行われます。

価格がトレールしたストップ水準まで反転することなく有利な方向へ動き続ける場合は、ストップ注文も有利な方向へ移動していき、自動的に利益を伸ばすことができます。よってトレーリング・ストップ注文は長いトレンドが発生するような局面では威力を発揮します。

トレーリングストップとは

FXはトレーリングストップ以外にも、様々な注文方法があります。全ての注文方法について詳しく知りたい方は、「FXの注文方法はどんな種類があるの?使い方や設定方法などを解説」をご参考ください。


トレーリングストップの設定方法


MT4(Meta Trade4)/MT5(Meta Trade5)でトレーリングスストップを行うやり方について詳しく紹介します。


MT4での設定方法


MT4でトレーリングストップを設定する方法について紹介します。まず、「ターミナル」を選択します。

MT4設定

保有しているポジション上で右クリックし、「トレイリング・ストップ」を選択します。トレイリング・ストップの50ポイントは、5pipsのことです。30ポイントなら3pipsです。

MT4設定①

カスタム設定では、お好みのpips数でトレーリングストップを設定することができます。

MT4設定②

MT4についてはこちら


MT5での設定方法


MT5でトレーリングストップを設定する方法について紹介します。まず、「ターミナル」を選択します。

MT5

保有しているポジション上で右クリックし、「トレーリングストップ」を選択します。トレイリング・ストップの50ポイントは、5pipsのことです。30ポイントなら3pipsです。

MT5設定①

カスタマイズでは、お好みのpips数でトレーリングストップを設定することができます。

MT5設定②

MT5についてはこちら


トレーリングストップ幅の目安


「トレーリングストップ幅の目安は何pipsがおすすめ?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。結論からお答えすると、明確なpips数はなく相場状況によって変わります。一時的なドローダウンが深ければ決済をされてしまいますし、強いトレンドが発生すれば大きな利益を期待することが可能です。相場状況によって異なってしまうので、何pipsがおすすめという明確な答えはありません。

OANDAの口座開設はこちら


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » 用語解説登録 » トレーリングストップとは?目安やMT4/MT5への設定方法も紹介