TradingViewの使い方

TradingViewのPineエディタの基本的な使い方

TradingView(トレーディングビュー)のプログラムであるPineスクリプトを編集する際に使うPineエディタに関する基本的な使い方をご案内いたします。


Pineエディタとは?


TradingviewのPineエディタのイメージ

 

PineエディタとはTradingView用のプログラムであるPineスクリプトを編集するためのツールです。

Pineエディタ上での作業は基本的に、Pineエディタの起動→Pineスクリプトの編集→チャートに表示→Pineスクリプトの保存という流れになります。

 

Pineエディタの起動

Pineエディタはチャート下部の「Pineエディタ」タブをクリックすると表示することができます。

 

TradingviewのPineエディタの起動

 

Pineスクリプトの編集、チャート上に表示

Pineエディタでは自由にPineエディタの編集を行うことができます。

最初にPineスクリプトを開いたときは次の3行のプログラムがデフォルトで記載されていますが、ここでスクリプトの編集を行うことができます。

 

——————————————-

//@version4=

study(“マイスクリプト”)

plot(close)

——————————————-

 

ちなみに「//@version=4」がPineスクリプトのバージョンを指定する文章で、ここでは最新のバージョン4を指定しています。

2行目のstudy(“マイスクリプト”)はインジケーター名を指定しています。()内の””で挟まれた部分が名前となります。

3行目のPlot(close)Plotが ()内のものを書き出すことを命令する関数でここでは、close、つまり、終値を表示するというプログラムとなります。

そして、チャートに追加をクリックすると、作成したスクリプトをチャート上に表示することができます。

 

 

Pineスクリプトの保存

作成したPineスクリプトは保存することができます。

Pineスクリプトの編集が完了したら、Pineエディタの保存の部分をクリックします。

 

Tradingview(トレーディングビュー)のPineエディタの保存方法の画像

 

スクリプト名を指定するボックスが表示されるため、任意のスクリプト名を入力し、「保存」をクリックすると保存されます。

 

Tradingview(トレーディングビュー)のPineエディタのスクリプトの名前入力欄

 

保存したインジケーターは「オープン」のタブをクリックしてPingエディタに表示し、再編集することができるほか、チャート上部のツールバーからインジケーターの選択画面を表示させ、左側の「マイスクリプト」 の部分から選択するとチャート上に表示できるようになります。

 

Tradingview(トレーディングビュー)の保存したPineスクリプトの表示

 

これが、基本的なpineエディタの操作方法となります。

プログラム初心者の方は、まずはこの基本操作をしっかりと押さえた後に、基本的なインジケーターを中心にスクリプトの構造などを学習すると、徐々にPineスクリプトという言語を理解できるようになると思います。

 

デフォルトのインジケーターのスクリプトをPineエディタ上に表示する

プログラム初心者の方は、最初は一からプログラムを作成するよりもデフォルトで用意されているインジケーターに変更を加えながらプログラムを学んでいくという方法をお勧めします。

Pineエディタでデフォルトのインジケーターのスクリプトを表示する場合は「新規作成」のタブのプルダウンから選択します。

 

Tradingview(トレーディングビュー)のPineエディタでデフォルトのインジケーターのスクリプトを表示する

 

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TradingViewのPineエディタの基本的な使い方