新規口座開設

FX初心者の方

OANDAの株価指数のCFDのMT4、MT5の取引数量・取引損益について


株価指数CFDのMT4、MT5の取引数量・取引損益


株価指数CFDの取引に関して、お客様からのよくご質問をいただく項目の一つにMT4・MT5における取引数量(ロット数)があります。

このページでは、OANDAの株価指数CFDのMT4/MT5の取引数量、そしてレート変動に伴う損益がどの程度になるかについてご案内いたします。

どの程度の金額の取引をしているのか、レートの変動により、損益がどの程度発生するかを最初に把握しておくことは重要です。

 

JP225(日経225)の場合

MT4/MT5における取引数量(ロット数)はFXの場合とは異なり、1と入力すると、そのまま数量1で発注します。

1と発注するとJP225(日経225)の場合は1つまり、22,500円程度(2020年6月3日の水準)の取引を行うことになります。

JP225で取引数量が1の場合、JP225の価格が100動くと100円の損益が発生することになります。

 

US30(ダウ工業平均30種)の場合

US30の場合は1と入力すると、同様に数量1を発注します。

US30の場合はドル建ての銘柄※1となりますので、価格が22,600ドル程度(2020年6月3日の水準)の取引を行うことになり、円建てに再計算すると、22,600ドル×108(ドル円のレート)=2,440,800円分の取引を行うことになります。

JP225と比較すると、少し大きな金額の取引となりますので、ご注意下さい。

この場合、US30の価格が1動くと1ドル(108円程度)の損益が発生します。

 

※銘柄がどの通貨建てになるか、最小の取引単位当はこちらでご確認いただけます。

 

過去の値動きなどを参考に、どの程度の値動きを狙い、どの程度のリスクをとるのかをしっかりと把握してから、取引に挑むようにしましょう。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » OANDAの株価指数のCFDのMT4、MT5の取引数量・取引損益について