MT5の使い方

MT5(メタトレーダー5)用市場開始レンジ表示インジケーター



市場開始レンジとは?

市場開始レンジとは、FX市場の3大市場といわれる東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の各市場の序盤のレンジを元に、その後、上下いずれに方向感が出てくるかを探るためのインジケーターです。

具体的にはチャート開始後の一定の時間のレンジを計測し、そのレンジに一定のPips数の幅を加えたラインを2本描画し、時間の経過と併せ、レンジをしっかりと抜ける動きとなったかどうかを探るツールです。

市場開始レンジ戦略について、詳しくはこちらもご覧ください。

 

 

市場開始レンジ表示インジケーターの設定方法

インジケーターのインストール

①インジケーターのダウンロード

インジケーターを下のダウンロードリンクからダウンロードします。

ダウンロードはこちら

②ダウンロードしたファイルをMT5にインストール

MT5を起動し、メニューの「ファイル」から、「データフォルダを開く」を選択します。

MT5のデータフォルダを開くの画像

 

「MQL5」フォルダ内の「indicators」フォルダ内にダウンロードしたファイル内にある「MarketOpen.ex5」をコピーし、貼り付けます。

MT5のMQL5フォルダのIndicatorの画像

 

③MT5を再起動

MT5を再起動すると、市場開始レンジ表示インジケーター「MarketOpen」がインストールされます。

 

インジケーターの設定

①日本時間表示インジケーターの起動

日本時間を表示したいチャートを用意し、MT5の「ナビゲーター」内の「インディケーター」の中にある「MarketOpen」をダブルクリックまたは、チャート上にドラッグ&ドロップします。

表示される設定画面で設定を行います。

②設定画面で設定

最初に表示される画面で「DLLの仕様を許可する」にチェックが入っていることを確認します。デフォルトではチェックが入っています。

市場開始レンジインジケーターの設定のDLLの仕様を許可するにチェックを入れる画像

 

その他の設定画面での設定は「インプット」タブで行います。

「インプット」タブでの設定は主に次の8つの事項の設定を行います。

①時間の設定

「市場開始レンジの開始時刻」、「市場開始レンジの終了時刻」:市場開始のレンジを決めるための時間帯を設定します。

「ラインの最終時刻」:ラインを何時まで表示するかを設定します。

※指定する時間はチャートの時間(GMT2またはGMT3)で指定します。

②ラインの位置

レンジのラインに加え、Pips数で指定した距離を離したラインを2本表示することができます。ラインを離す距離をPips数で指定します。

③ラインの表示

②のラインの表示の有無を選択します。

④価格の表示

②のラインの価格水準を表示するかを選択します。

⑤色の設定

表示するライン、文字の色を設定します。

⑥ラインの種類

表示するラインの種類を実線、破線、点線などから選択することができます。

⑦ラインの幅

表示するラインの幅を設定することができます。

⑧文字の設定

文字のフォント、サイズを指定することができます。

 

詳しくは、付属のマニュアルもご覧ください。

   
本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » MT5の使い方 » MT5(メタトレーダー5)用市場開始レンジ表示インジケーター