TradingViewの使い方

TraidngView(トレーディングビュー)のチャートの同期設定

TradingViewで複数のチャートを表示する場合には、分析をより効率的に行うことのできる同期設定があります。

うまく使い分けると快適に分析を行うことができるかもしれません。


TradingViewのチャートの同期設定


TradingView(トレーディングビュー)のチャートの同期設定はチャート右上のチャートの枚数を選択する画面で行います。

クリックでオンとオフの切り替えを行うことができます。青くなっている機能がオンとなっている機能です。

同期設定

Tradingviewでは、次の5種類の同期設定が装備されています。


シンボルの同期


シンボルの同期は銘柄を同期させる設定です。

つまり、一つのチャートの銘柄を切り替えると全てのチャートの銘柄を併せて切り替えるという設定です。

例えば、ユーロドルのチャートを見ているときに一つのチャートをドル円に切り替えると表示されている全てのチャートがドル円のチャートに切り替わります。

普段、複数の時間足を表示させていて、複数の通貨ペアをチェックするという分析を行なっている方はこの設定をオンにしておくと、一つの通貨ペアを変えるだけでその他のチャートの銘柄を切り替えることができるため、便利です。

シンボルの同期


時間足の同期


時間足の同期は一つのチャートの時間軸を切り替えると他のチャートの時間軸も切り替わるという設定です。

普段、複数の通貨ペアを同時に表示させていて、時間軸の異なるチャートをチェックしたいという場面で表示している全ての通貨ペアの時間軸を切り替えられる機能です。

時間足の同期


クロスヘアーの同期


クロスヘアーの同期はチャート上のクロスヘアー(価格水準、時間を表示する十字のライン)を複数のチャートで同期する機能です。

時間軸の異なる同じ通貨ペアのチャートを分析する場面で重宝します。

クロスヘアーの同期


時間の同期


時間の同期というのは、複数のチャートの表示している時間帯を併せるという機能です。

つまり、過去のチャートを分析する場面などに、他のチャートも同じ時間を表示する機能のことです。

同じチャートの異なる時間軸のチャートを使う際や、他の通貨ペアが同じ時間にどのような動きをしていたかをチェックするようなときに重宝する機能です。

時間の同期


描画アイテムの同期


描画アイテムの同期は一つのチャートに描画した描画アイテムが他を他のチャートに反映させる機能です。

同じ銘柄のチャートを複数の時間帯で表示している場合に、同じラインを描画したいときなどに便利な機能です。

描画アイテムの同期


まとめ


このように TradingViewでは様々な同期設定を行うことができます。

複数の同期設定を併せて使うことができるので、自分の分析スタイルに併せて使いやすい設定を見つけて使いこなしましょう。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TraidngView(トレーディングビュー)のチャートの同期設定