TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)のポイント&フィギュアチャートの設定方法

TradingView(トレーディングビュー)ではポイント&フィギュアチャート(OANDAのWeb版fxTrade、製品版はPro+プラン以上で使用可能)を表示することができます。一般的なポイント&フィギュアだけでなく、少しアレンジを加えたものを表示することも可能です。うまく使いこなすことができれば、より効果的に分析することができるかもしれません。


1枠の数値の設定


TradingViewのポイント&フィギュアチャートの1枠の数値の設定方法は「従来方式(固定価格)を指定する方法」と「ATRの数値を元に算出する方法」の2つがあります。


従来方式(固定価格)での設定


従来方式(固定価格)を選択した場合は具体的な値幅を指定します。一般的なポイント&フィギュアは、この方法を採用しています。たとえば、ドル円の場合は0.3と設定すると30Pipsとなり、ユーロドルの場合は0.003と設定すると30Pipsとなります。

【ドル円の1時間足の終値を元に1枠の値幅を10Pips、3枠転換に設定した場合】

ドル円の1時間足の終値を元に1枠の値幅を10Pips、3枠転換に設定した場合

ATRの数値を用いた設定


ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)の数値を用いる設定ではその銘柄の平均的な幅を一定期間の値動きから算出したものを1枠の数値に使う方法です。この方法の場合、直近のボラティリティに併せた値幅に自動的に設定できます。ATRの計算期間を長くしたり、計算の元となる時間軸を長くするとATRの数値が拡大するため、より大きなトレンドを見ることができます。

【ドル円の1時間足の終値を元に1枠の値幅を期間14のATR、3枠転換に設定した場合】

ドル円の1時間足の終値を元に1枠の値幅を期間14のATR、3枠転換に設定した場合

設定はチャートの設定画面から


チャートの種類でポイント&フィギュアを選択した後にチャートの設定画面を開くと「シンボル」のタブで設定することができます。数値に関する設定は中段(下の図では赤で囲んでいる部分)、その他の部分はデザインに関する設定となります。

ソースの部分では計算の元となる価格を設定します。「クローズ(終値)」と「HL(高値/安値)」から選択することができます。ボックスのサイズの設定では前述の1枠の数値の設定方法を選択します。

「従来方式」、「ATR」から選択します。その下は「従来方式」を選択した場合は具体的な値幅を指定します。「ATR」を選択した場合はATRの計算の元となる期間を指定します。最後に転換数を指定します。


TradingView(トレーディングビュー)のポイント&フィギュアの新機能一覧


TradingView(トレーディングビュー)では、ユーザーが使いやすいように定期的にアップデートされます。ここでは、オブジェクトツリーに関するアップデートで新たに追加された機能を随時更新し紹介します。


ポイント&フィギュアチャートでの同列1枠転換


2020年1月17日にポイント&フィギュアチャートでの同列1枠転換できる機能が追加されました。これにより、〇と×を一列に表示することができ、より明確にパターンを認識することが可能です。同列1枠転換のやり方は、チャート設定から行うことができます。

ポイント&フィギュアチャートでの同列1枠転換

チャート設定では、転換数を「1」にし、同列1列転換表示にチェックをつければ完了です。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TradingView(トレーディングビュー)のポイント&フィギュアチャートの設定方法