TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)でCOTレポートを表示する方法

TradingViewのプラン=全プラン対応

対象読者=初級以上


COTレポートとは


COTレポートとは為替や商品においてしばしばシカゴの投機筋ポジションと呼ばれているものです。正式名称はCOTレポート(Commitments of Traders Report)で、米国のCFTC(先物取引委員会)が米国内で取引されている先物の取引状況を火曜締めでまとめ、金曜の引け時点で公表しているレポートです。

COTレポートには各種先物のポジション(取組高)をコマーシャル(実需)とノンコマーシャル(投機)に分けて発表されます。そのため、FXトレーダーの間では主要通貨のノンコマーシャルのポジションを見ることで、投機筋がどのようなポジションを持っているのか判断するとともに、その傾向を読み取ろうとすることに使われます。


TradingViewのCOTレポート


TradingViewでテクニカル指標を追加する方法は以下のリンクをご参照ください。

参考記事:Trading Viewにインジケーターを表示する方法や削除方法

TradingViewでは最近公式でこのCOTレポートが使えるようになりましたが、個人的にはコミュニティスクリプトで公開されているr_COTが見やすくてお勧めです。r_COTではコマーシャルとノンコマーシャルを分けて表示できますので、設定で以下のようにノンコマーシャルだけにして、表示もヒストグラムにしてあげるとよいでしょう。

r_COTの設定画面

ドル円の週足チャートに表示してみましょう。(週次の公表なので週足が見やすい)

ドル円の週足チャートに表示

コロナショック以降は一貫してドル売り(円買い)ポジションが続いていましたが、2021年3月にドル買い(円売り)に転換しその後は一貫して円売りポジションが継続しているということがわかります。このポジションが減らない限り現在の円安は簡単には終わらなそうに思えます。


本記事の監修者・山中康司氏


  • 1982年慶応義塾大学卒業後、アメリカ銀行に入行。トレーディング業務に従事し、1989年バイスプレジデント。
  • 1997年日興証券に移り、1999年日興シティ信託銀行為替資金部次長。
  • 2002年金融コンサルティング会社アセンダントを設立、取締役に就任。
  • 2019年よりTradingView日本マーケットの責任者。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TradingView(トレーディングビュー)でCOTレポートを表示する方法