TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)の相関係数インジケーターの設定方法を紹介

TradingView(トレーディングビュー)で使うことのできるインジケーターに相関係数というインジケーターがあります。

この相関係数を使うと他の銘柄との相関の強さをチェックすることができます。


相関係数とは?


相関係数とは-1から+1までの数値で2つのデータの一定期間の相関性の強弱を示す数値です。

+1に近くにつれ正の相関性が強い状態を示し、-1に近くにつれて負の相関性が強い状態を示します。


相関係数インジケーターの設定


インジケーターの中から「相関係数」を選択すると、シンボルの追加のウィンドウが出現します。

ここでは比較する銘柄名を選択します。最初の数文字を入力すると候補が表示されるので、その中から選択します。

選択すると、チャートの下部に相関係数がグラフ表示されます。

次の図はドル円のチャートにユーロ円との相関係数を表示させたものです。

インジケーターの設定画面で計算の対象期間やデザインを調整が可能です。

期間を長く設定するとより長期間での相関性を確認することができます。


相関係数を使用して相場の状況を把握する


相関係数をチェックすることで相場の状況を把握することができます。

例えば、ドル円とユーロドルの相関係数を見ると、ドル中心の動きとなっている場合は逆相関性が強い状態となり、-1に近い状態となります。

逆相関の動きとは、具体的にはドル円が上昇すると、ユーロドルが下落するような動きとなる動きです。

このようにドル中心の推移となっている場合は「ドル円」、「ユーロドル」、「ユーロ円」の3つの通貨ペアであれば、「ドル円」、「ユーロドル」の通貨ペアの方が、方向感が出やすく、値動きが読みやすくなる傾向があります。

よって取引を行うのであれば、この2つの通貨ペアを選択した方が効率が良さそうです。

それに対し、相関関係が薄い状態や正の相関関係が強い場合は「ユーロ円」に大きな方向感が出てくる場合があります。

このような場合は「ユーロ円」の取引も選択肢に浮上します。

次のチャートは相関係数が-0.5を上回っている時間をハイライトしています。-0.5を下回っている場合に比べるとユーロ円が動いているというのが確認できると思います。

クロス円の取引をメインに行っているような方はこのように相関係数を用い、逆相関性の強い状態となっている場合は取引を見送る等の工夫をすると方向感の薄い相場を回避できるかもしれません。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TradingView(トレーディングビュー)の相関係数インジケーターの設定方法を紹介