TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)のチャートでFX市場に影響のある経済指標を確認

経済指標を確認

デイトレやスキャルピングなどの短期のFX取引を行う際には、FX市場に短期的に強い影響を与える経済指標の発表には注意したいところです。

経済指標のなどのイベントの予定はトレードに夢中になっていたり、忙しいときなどはついつい忘れてしまいがちです。

TradingView(トレーディングビュー)のチャートでは設定で経済指標の予定をチャート上に表示することができるので、予定されている経済指標に関しては見落とすリスクを軽減することができます。


チャート上に経済指標の予定を表示


チャート上に表示する経済指標は表示している銘柄に関する経済指標です。

例えば、ドル円のチャートの場合は米国と日本の経済指標の予定が表示されます。

チャート上に経済指標の発表予定を表示する設定はチャートの設定画面から行います。

チャートの設定部分のメニュー内の「イベント」をクリックすると、イベントの設定画面に遷移します。

経済イベントの表示設定は設定画面の下段で行うことができます。

チャート上に経済指標の予定を表示

「チャート上に経済イベントを表示」にチェックボックスを入れると経済イベントが表示されます。

将来のイベントのみを表示を選択すると過去の経済指標は表示されなくなります。

また、「イベント区切り」の欄にチェックを入れると、イベントのある時間に縦のラインが表示されます。

イベントのある時間に縦のラインが表示


サイドバーでも経済指標をチェック


TraindgViewではチャートの右側のサイドバーでも経済指標をチェックすることができます。右のツールバーのカレンダーのようなマークのアイコンをクリックすると経済指標の予定が表示されます。

サイドバーでも経済指標をチェック


表示される経済指標を選択する


TradingViewの経済指標カレンダーでは、どの国の経済指標を表示するかを選択することができます。

経済指標カレンダーの右上のボタンをクリックすると各国の国旗が表示されます。青で囲まれている国が現在、表示される設定です。国旗をクリックすると、表示、非表示の設定を切り替えることができます。

また、上段でG20などのグループごとに選択することもできます。

また、右上のボタンの左のボタンをクリックすると重要経済指標のみの表示に切り替えることも可能です。

表示される経済指標を選択する


まとめ


TradingViewではこのように簡単に経済指標の予定、結果をチェックすることができます。短期売買で安定した収益を目指すのであれば、経済指標の予定は把握しておいた方が、戦略を立てやすくなりますので、重要経済指標を中心にしっかりとチェックする習慣をつけましょう。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TradingView(トレーディングビュー)のチャートでFX市場に影響のある経済指標を確認