TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)で経済指標のデータと通貨ペアを比較する方法

TradingViewでは、経済指標のデータをチャートに表示することが可能です。例えば米国の失業率や鉱工業生産などのデータを、チャート上に表示できます。中長期のトレンドを把握する上で、各国の経済データに注目することは大切です。

ドル円の動きと米国失業率を比較したチャート


TradingViewで表示できるデータ


TrdingViewはセントルイス連銀のウェブサイト「FRED」が提供する、米国経済指標をチャートに表示できます。

現在は米国のデータがメインです。しかしデータの提供先が今後増えれば、将来的には世界中の経済指標のデータを表示できるようになるかもしれません。


TradingViewで経済指標のデータを表示させる方法


TradingViewで経済指標のデータを表示させる場合は、まずチャート上部にある通貨ペア名の入力欄を空欄にします。下に表示される「経済指標」をクリックして、表示されるリストから選択します。

例えばコード「INDPRO」のINDERSTRIAL PRODUCTION INDEXを選択すると、米国の鉱工業生産のグラフを表示します。続いてチャートの上段のツールバーで、チャートの種類を「ラインチャート」に変更します。

またドル円やユーロ円等のチャートを追加でき、通貨ペアの値動きと比較することも可能です。比較方法は、以下の通りです。

  • 手順①:チャート上部の「+比較」を選択
  • 手順②:検索窓に「USDJPY」と入力し選択
  • 手順③:「・・・」を選択
  • 手順④:「設定」を選択
  • 手順⑤:「スタイル」で「ローソク足」に変更で完了

TradingViewでは銘柄を選択するだけで、簡単に主要な米国の経済指標のデータをチャートで表示できます。また通貨の動きと比較して見ることも可能です。中長期的な値動きを分析する際に参考データとしてご活用下さい。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TradingView(トレーディングビュー)で経済指標のデータと通貨ペアを比較する方法