TradingViewの使い方

Tradingview(トレーディングビュー)でのフィボナッチ・リトレースメントの使い方

  • TradingViewのプラン=全プラン対応
  • 対象読者=初級以上

フィボナッチ比とは


フィボナッチ比とは以下のようにn2 = n + n1の関係にある数列の各数値間の比率です。

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144,・・・・・

上の数列から34, 55, 89の3つの数値と144との比率を示すと以下のようになります。

リトレースメント エクステンション
0.0 1.0
0.236 =34÷144 1.272 = √1.618
0.382 =55÷144 1.618 =144÷89
0.5 2.618 =144÷55
0.618 =89÷144 4.236 =144÷34
0.786 =√0.618
1.0

上記のように隣どうしの数値(89と144)の比率が0.618、1.618と黄金分割比になっていて、1つおき、2つおきの比率と合わせてフィボナッチ・リトレースメント(戻し)とフィボナッチ・エクステンション(次回のテーマ)で使われる比率群ということになります。

一部平方根の表示もありますが、1.618×1.618=2.618というようにフィボナッチ比には平方根の比率も含まれていることから0.764ではなく0.786を使うことも多く、TradingViewで0.786が採用されている理由もここにあります。


フィボナッチ・リトレースメント


前置きはこのくらいにして実際に使ってみましょう。

S&P500の週足チャートにフィボナッチ・リトレースメントを引いてみます。ツールは左側のアイコン群のトレンドラインの下(上から3つ目)にあります。

フィボナッチ・リトレースメントを引いたチャート

コロナショック後の安値と今年年始(2022年)の史上最高値とのフィボナッチ・リトレースメントですが、38.2%押しの水準でピタリと止められ反発していることが見て取れます。このように教科書的な例ばかりではありませんが、多くの人が参考にしている水準でもあり結構フィボナッチ比の水準で止まることが多いため気にしておくとよいです。

また英語ではリトレースメント(戻し)という単語しか使われませんが、日本の相場用語では下降時の調整は「戻し」ですが、上昇時の調整は「押し」という単語を使うことが一般的です。話はそれますが、同じ損切りでも買い持ちの損切りは投げる、売り持ちの損切りは踏み上げると日本の相場用語は細かく分けて使われるのは面白いですね。


クラスター


クラスターというのはフィボナッチ・リトレースメントのような値幅観測ツールを使った際に、複数の水準が重なっている水準を指します。一般的には長期チャートのリトレースメントと短期チャートのリトレースメントが比率を変えて重なる場合や、前回高値・安値の水平線と重なる場合などがあります。

先ほどのS&P500を日足チャートにして短期のフィボナッチ・リトレースメントを引いてみます。

短期のフィボナッチ・リトレースメントを引いたチャート

2022年3月高値と5月安値とのフィボナッチ・リトレースメントを追加しましたが、2月から3月にかけていったん反発した23.6%押し(4196.9)の水準と、今回の半値戻し(4223.6)の水準が重なっていて、今回の買い戻しは4200ドル前後でいったん止まりやすいのではないかといった見方が出来ます。

値幅観測を行う場合、週足で見てから日足で見てみるという手順がやりやすく効果的だと思いますので、長期と短期のターゲットで重なる水準を探すことを試してみてください。


OANDA証券では、フィボナッチに関する基礎知識や実践での使い方などを詳しく解説したコンテンツを豊富に提供しています。
フィボナッチをさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

参考記事:フィボナッチの基本的な見方、使い方、トレーディングアイデアを紹介


本記事の監修者・山中康司氏


  • 1982年慶応義塾大学卒業後、アメリカ銀行に入行。トレーディング業務に従事し、1989年バイスプレジデント。
  • 1997年日興証券に移り、1999年日興シティ信託銀行為替資金部次長。
  • 2002年金融コンサルティング会社アセンダントを設立、取締役に就任。
  • 2019年よりTradingView日本マーケットの責任者。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » Tradingview(トレーディングビュー)でのフィボナッチ・リトレースメントの使い方