TradingViewの使い方

Trading View(トレーディングビュー)のログスケールとは?切り替え方法も紹介

TradnigView(トレーディングビュー)の目盛りは通常の目盛りに加えて、「ログスケール」という目盛りに設定することができます。

普段チャートを使う際にあまり、目盛りの種類について意識したことがないという方は多いと思いますが、TradingViweでは目盛りも自由に設定することができます。


ログスケールとは?


ログスケール(片対数目盛り)とは、チャートの価格の目盛りの幅を均等ではなく、割合に応じた幅で表示する方法です。

例えば、1ドル=100円のときに1%動くと1円ですが、1ドル=80円の場合は同じ1%でも80銭の変動になります。

通常の目盛りではこの2つの変動に対する幅は1:0.8の割合で表示されます。

これに対し、ログスケールの場合、この割合(%)の幅に併せて目盛りの幅を表示するため、この2つの変動では同じ幅のチャートが表示されます。

つまり、ドル円でいえば、チャート下になれば1円の幅は広くなり、上になれば1円の幅が狭くなるということです。

この幅が変わると、短期的なチャートでの影響は限定的ですが、長い時間軸のチャートなどになるとトレンドラインやフィボナッチの水準にも変化が生じ、投資判断にも多少の差が生じる可能性があります。

どちらが正しいというものではありませんが、フィボナッチなど、割合に基づく数値を算出する場合はこの「ログスケール」を使った方が、理論的には一貫しているようにも思えます。

これまで意識していなかった人は少し意識してみると面白いと思います。

【ログスケールと通常の目盛りの違い(ドル円月足チャート)】

TradingView(トレーディングビュー)の通常の目盛りとログスケールの場合の差


ログスケールへの切り替え方法


ログスケールへの切り替え方法は簡単です。

チャート下部のログスケールの部分をクリックして切り替えることができます。ログスケールの部分が青くなっているとログスケールになっていることを示しています。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » Trading View(トレーディングビュー)のログスケールとは?切り替え方法も紹介