TradingViewの使い方

Trading View(トレーディングビュー)のレンジバーチャートとは?

レンジバーチャート

TradingView(トレーディングビュー)で表示できるチャートの一つにレンジバーチャートというものがあります。とてもマニアックなチャートなので、名前を初めて聞くという方も多いのではないでしょうか?

パッと見たところバーチャートに似ていますが、バーチャートとはどのような違いがあるのでしょうか?


レンジバーチャートとは?


レンジバーチャートとはローソク足などの時間の経過に併せて新しい足を形成していく時系列チャートではなく一定の値幅の変動があった場合に新たな足を形成していく非時系列のチャートです。

レンジバーチャートでは最初に任意のレンジ幅を決め、その幅を上回る動きとなったなった場合に新たな足へ移動していくチャートです。


レンジバーチャートの表示方法


TradingVeiwのチャートでレンジバーチャートを表示させる場合はチャート上部のチャートの種類を選択する部分でレンジバーチャートを選択し、時間軸を選択する部分でレンジ幅を選択します。

レンジバーチャートの表示方法 レンジバーチャートの表示方法

レンジ幅は1Rが最小値幅となります。

よってFXの通貨ペアの場合は基本的には1Rが0.1pips、10Rが1pipです。

また、デフォルトでないレンジ幅もプルダウンの下部から任意に作成し、追加することができます。

レンジバーチャートの表示方法

ちなみに、TradingViewのチャートで1分足のデータを元に、計算をしていいきます。


レンジバーチャートの設定


チャートの設定画面の「スタイル」のタブではレンジバーチャートの表示の設定を行うことができます。

カラー等の設定はイメージしやすいと思いますが、少しわかりにくいのが、「疑似バー」の部分だと思います。

疑似バーの部分にチェックを入れると、レンジバーチャートに窓(ギャップ)が表示されない仕様になります。

レンジバーチャートの設定

TradingViewのレンジバーチャートは1分足の終値の価格を用いているため、ギャップが発生となることが少なくありません。

このような場合に足をつなげるかどうかを選択することができるということです。

言葉で見るよりも実際のチャートを見比べてみるとわかりやすいと思います。

上のチャートが「疑似バー」にチェックを入れなかった場合で下のチャートが「疑似バー」にチェックを入れた場合のチャートです。

大きな方向性の差はありませんが、ギャップが生じるような動きとなったところには多少違いが出ています。

お好みで使い分けていただければと思います。

【「疑似バー」にチェックを入れなかった場合】

「疑似バー」にチェックを入れなかった場合

【「疑似バー」にチェックを入れた場合】

「疑似バー」にチェックを入れた場合

参考書籍


このレンジバーチャートを用いた投資手法を紹介している書籍にマルクス・ヘイトコッター氏の著書「ボリンジャーバンドとMACDによるデイトレード」があります。

通常のローソク足チャートなどでも代用は可能と考えられますが、より著者の環境に近づけるのであれば、このレンジバーチャートを使った方が、理解度が深まりそうです。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » Trading View(トレーディングビュー)のレンジバーチャートとは?