TradingViewの使い方

Trading View(トレーディングビュー)のリスクリワード比率計算ツールとは?

radingViewの描画ツールには「ロングポジション」「ショートポジション」というものがあります。その名の通り、ロング(買い)ポジション、ショート(売り)ポジションを保有した際の損切り、利益確定の水準をチャート上で指定するとリスクリワード比率を表示してくれる便利なツールです。

【リスクリワード比率計算ツール】

リスクリワード比率計算ツール

このツールを使うと、狙っている利益に対してどのくらいのリスクをとっているのかを視覚的に確認することができ、トレードの質の改善に役立てることができます。


リスクリワード比率計算ツールからの注文が容易に


今回はこのリスクリワード比率計算ツールからの注文が可能になり、意思決定から注文までの時間の短縮に成功しています。注文発注までの手順は次の通りです。①チャート上に描画したリスクリワード計算ツール上で右クリックし、「指値注文を作成・・・」をクリックします。

指値注文を作成・・・

②注文パネルで「指値」/「逆指値」の選択、「注文価格」を確認し「取引数量」を設定、利益確定や損切りの設定等を確認し、下のボタンをクリックします。

注文パネル

③指値注文が発注され、指定した価格に到達すると、約定します。

約定

これでチャート上のエントリー水準から、利益確定、損切りの水準を確認し、リスクリワードレシオを視覚的に確認した後にすぐに注文を発注することが可能になり、円滑な取引を行うことができます。


TradingView(トレーディングビュー)のリスクリワード比率計算ツールの新機能一覧


TradingView(トレーディングビュー)の様々な機能は、ユーザーが使いやすいように定期的にアップデートされます。ここでは、リスクリワード比率計算ツール関係でアップデートされ追加された機能を随時紹介します。


リスクリワード比率計算ツールのアップデート


2019年11月14日にリスクリワード比率計算ツールのアップデートが追加されました。これにより、ポジション情報の表示や非表示を選ぶことが可能です。

リスクリワード比率計算ツールのアップデート

リスクリワード比率計算ツールで右クリックをし、設定のスタイルにある「常に統計を表示」を選択します。マウスカーソルを合わせていなくても、常にポジション情報を表示することが可能です。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » Trading View(トレーディングビュー)のリスクリワード比率計算ツールとは?