TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)で使えるおすすめ人気インジケーター

おすすめ人気インジケーター

OANDA JapanのNYサーバのアカウントではTradingViewから注文ができるようになりました。(PC版のみ)このTrading Viewのチャートではデフォルトで50種類以上のインジケーターが標準装備されています。

これだけ多くのインジケーターがあると、初心者の方はどのインジケーターを使えばよいのかわからなくなってしまうかもしれません。今回はTradingViewのチャートの豊富なインジケーターの中から、FXトレーダーに人気の4つインジケーターをご紹介します。


移動平均線


テクニカル指標の中でも一番歴史が古く、シンプルな移動平均線はFXトレーダーであれば一度は使用したことのあるインジケーターの一つだと思います。TradingViewのチャートでも単純移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)などのメジャーなものから、Hull移動平均線など様々な種類の移動平均線を表示することができます。

また、設定においても、単純な終値だけでなく平均値などのデータを用いた移動平均線が表示できるほか、移動平均線を左右にスライドさせるなどのアレンジを加えることができます。

【期間20で引いた各種移動平均線】

移動平均線

MACD


MACDは短期と長期の指数平滑移動平均線の差を元に算出されるインジケーターです。MACDの数値が0より大きいときは短期の移動平均線が長期の移動平均線の上にいる状態であるため、上昇基調が強まっていることを示し、0の下にいる場合はその逆で下落基調が強まってきていることを示しています。

TradingViewのMACDではデフォルトのMT4では表示することのできないヒストグラム(MACDとシグナルの差を棒グラフで表示)を表示することができます。このヒストグラムの推移と価格の動きのダイバージェンスに注目するFXトレーダーも多く、相場の反転のタイミングを探る場面で重宝します。

【MACDを表示した例】

MACD

DMI


DMIはトレエンドの強さを示すADXと上昇トレンドの強さを示す+DIと下降トレンドの強さを示す-DIの3本のラインを使用してトレンドの強弱を探るインジケーターです。ADXが25〜30を上抜けてくるとトレンドが強まってきたと考えられ、トレンド方向へのエントリーを検討したり、ADXがピークアウトするような動きとなった場合はトレンド方向のポジションを手仕舞うなどの使い方をすることができます。

TradingViewのADXは波の荒いADXを任意の数値で平滑化することができ、均したトレンドの強弱を表示することも可能です。

【DMIを表示した例】

DMI

ストキャスティクス


ストキャスティクスは相場の過熱感を探るオシレーター系のインジケーターの代表格です。過去の一定期間の価格のうち、現在どの水準にいるかをチャートの下に示します。その数値(%k)を移動平均化したもの(%D)と比較し、反転のタイミングを掴んでいくインジケーターです。

一般的には80を上回ったところから反落してくる動きとなる(%Dを%Kが下抜ける)と売りサイン、20から反発してくる動きとなる場合(%Dを%Kが上抜ける)には相場の反転のタイミングと捉え、買いサインとされています。市場全体のトレンドが薄く、レンジ推移が続くような相場で効果を発揮するインジケーターです。

【ストキャスティクスを表示した例】

ストキャスティクス

TradingView(トレーディングビュー)のインジケーターに関する新機能


TradingView(トレーディングビュー)では、ユーザーが使いやすいように定期的にアップデートされます。ここでは、インジケーターに関するアップデートで新たに追加された機能を随時更新し紹介します。


インジケーターをテンプレートとして保存可能


2020年7月7日にインジケーターをテンプレートとして保存できる機能が追加されました。これにより、インジケーター自体と現在の時間足を記憶するだけでなく、現在のシンボルを規則することも可能です。

インジケーターをテンプレートとして保存可能

チャート上部にある「テンプレート」を選択し、インジケーターテンプレートの保存を選択します。お好きな名前を入力し保存するだけです。


インジケーターをワークスペースの全てのチャートに一括表示


2020年7月10日にインジケーターをワークスペースの全てのチャートに一括表示する機能が追加されました。これにより、コピーしたインジケーターが他のチャートにも一括で表示することが可能です。

インジケーターをワークスペースの全てのチャートに一括表示

コピーしたいチャート上で右クリックを行い、「これらのインジケーターをレイアウト全体に適用」を選択し完了です。以前表示していたインジケーターは削除されるため、その点には注意ください。


まとめ


今回はFXトレーダーに人気のインジケーターの中から代表的な4つのインジケーターをご紹介しました。インジケーターの種類が多すぎてどれを使えばいいかわからないという初心者の方はまず、基本的なこれらのインジケーターを試してみてはいかがでしょうか?これらのインジケーターの内容を理解し、分析を行った上で自分に合わないと感じたら、その他のインジケーターを試してみると良いと思います。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TradingView(トレーディングビュー)で使えるおすすめ人気インジケーター