TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)でチャートパターン「上昇ウェッジ」を設定する方法


TradingViewでチャートパターン「上昇ウェッジ」を設定する方法を紹介します(有料プランの「Premium」限定の機能です)。
このチャートパターンは、過去600本のバー上から上昇ウェッジと呼ばれる特定のチャート形状の出現箇所を自動検出するインジケーターです。
チャートにセットすると、上昇ウェッジが出現した場所に「Rising Wedge」と描かれたラベルが表示されます。
チャートパターンの上昇ウェッジにはどのような設定があるのかを、ここで確認しておきましょう。

TradingViewでチャートパターン「上昇ウェッジ」を設定する方法を紹介します
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

上昇ウェッジとは

上昇ウェッジは、相場の調整局面で出現し主にトレンド継続を示唆するチャートパターンです。
下降トレンドの途中で一時的に高値と安値を切り上げながら上値抵抗線と下値支持線の幅が徐々に狭まっていき、先細りの形状を描きます。
くさび(ウェッジ)のような形に見えることから、そう呼ばれます。
最終的にウェッジの下値支持線を下に抜けた場合は、下降トレンドに回帰する可能性が高いです。
このチャートパターンと反対の性質を持つのが、下降ウェッジです。

上昇ウェッジは、相場の調整局面で出現し主にトレンド継続を示唆するチャートパターンです
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

上昇ウェッジをチャートに追加する方法

TradingViewでチャート上にチャートパターンの上昇ウェッジを追加する方法は次の通りです。

TradingViewを立ち上げ、チャート上部のツールバーにある「インジケーター」をクリック、もしくはチャートのローソク足の上で右クリック→「~にインジケーター/ストラテジーを追加」をクリックします。

TradingViewを立ち上げ、チャート上部のツールバーにある「インジケーター」をクリック、もしくはチャートのローソク足の上で右クリック→「~にインジケーター/ストラテジーを追加」をクリック
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

TradingViewを立ち上げ、チャート上部のツールバーにある「インジケーター」をクリック、もしくはチャートのローソク足の上で右クリック→「~にインジケーター/ストラテジーを追加」をクリック
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

インジケーターウィンドウが開くので、「テクニカル」→「パターン」から「Rising Wedge Chart Pattern(上昇ウェッジ・チャートパターン)」をクリックします。
これで、チャートに上昇ウェッジを表示できます。
なお、パターン画面内は「チャートパターン」と「ローソク足パターン」にカテゴリーが分かれており、Rising Wedge Chart Pattern(上昇ウェッジ・チャートパターン)は前者にリストされています。

インジケーターウィンドウが開くので、「テクニカル」→「パターン」から「Triangle Chart Pattern(トライアングル・チャートパターン)」をクリック
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

上昇ウェッジの設定画面の使用方法

チャートパターンの設定画面は、「表示中のチャートパターンのラベルをダブルクリック」「チャート左上のチャートパターン名をダブルクリック」「チャートパターン名にマウスカーソルを合わせると出てくる歯車の形をした設定アイコンをクリック」のいずれかで表示できます。
他にもやり方はいくつかありますが、簡単なのはこの3つです。

チャートパターンの設定画面は、「表示中のチャートパターンのラベルをダブルクリック」「チャート左上のチャートパターン名をダブルクリック」「チャートパターン名にマウスカーソルを合わせると出てくる歯車の形をした設定アイコンをクリック」
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

上昇ウェッジの設定画面は、「パラメーター」「スタイル」「可視性」に分かれており、画面上部のタブで切り替えることができます。
全ての設定が完了したら、画面右下の「OK」をクリックしましょう。
なお、「OK」の左側にある「デフォ…」をクリックすると、設定のリセットや設定の保存が可能です。

「パラメーター」では、表示する上昇ウェッジのステータスやパラメーター、目標価格の表示/非表示、ラインや背景、ラベルの色などを設定します。

「パラメーター」では、表示する上昇ウェッジのステータスやパラメーター、目標価格の表示/非表示、ラインや背景、ラベルの色などを設定します
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

①Patterns

チャートに表示する上昇ウェッジのステータス(価格とチャートパターンの状態)を設定します。
デフォルトは「All」です。

②Price Targets

目標価格を表示する上昇ウェッジのステータスを設定します。
デフォルトは「All」で、非表示にすることも可能です。

③Channel Width Ratio Start/End

上昇ウェッジの開始時と終了時のチャネルの高さの差の最小値をパーセンテージで設定します。
デフォルトは「25」です。

④In Progress

上昇ウェッジを形成中の不完全なパターンを検出するかどうかを設定します。
デフォルトは検出する設定です。

⑤Price Line

プライスライン(値動きを示す線)の色や不透明度、種類、太さを変更できます。

⑥Wedge

上値抵抗線・下値支持線の色や不透明度、種類、太さを変更できます。

⑦Background

上昇ウェッジの背景色の表示/非表示を設定します。
また、背景の色や不透明度を変更できます。

⑧Labels

上昇ウェッジのラベル(「Rising Wedge」)の表示/非表示を設定します。
また、ラベルの色や不透明度を変更できます。

「スタイル」では、上昇ウェッジのラベル、背景色、ラインの表示/非表示などを設定します。

「スタイル」では、上昇ウェッジのラベル、背景色、ラインの表示/非表示などを設定します
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

①Labels

「スタイル」では、上昇ウェッジのラベル、背景色、ラインの表示/非表示などを設定します。

②LineFills

上昇ウェッジの背景色の表示/非表示を設定します。

③Lines

上昇ウェッジの背景色の表示/非表示を設定します。

「可視性」では、上昇ウェッジの表示/非表示を時間軸ごとに設定します。
チェックボックスにチェックを入れた時間軸でのみ上昇ウェッジが表示される仕組みで、チェックをはずすと非表示に切り替わります。

「可視性」では、上昇ウェッジの表示/非表示を時間軸ごとに設定します
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。
本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » TradingViewの使い方 » TradingView(トレーディングビュー)でチャートパターン「上昇ウェッジ」を設定する方法