TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)でローソク足パターンを表示・削除・設定変更する方法


TradingViewでは、「ローソク足パターン」という機能を用いて、チャート上に出現する特定のローソク足のパターンを自動検出することが可能です。
基本的に各ローソク足パターンはトレンドをふまえて検出される仕組みで、それぞれ強気シグナルと弱気シグナルに分かれています。
前者は価格上昇の可能性を、後者は価格下降の可能性を示すローソク足パターンです。
ここでは、チャートにローソク足パターンを表示する方法の他、削除する方法や設定を変更する方法も紹介します。

チャートにローソク足パターンを表示する方法

TradingViewを立ち上げ、チャート上部のツールバーにある「インジケーター」をクリック、もしくはチャートのローソク足の上で右クリック→「~にインジケーター/ストラテジーを追加」をクリックします。

チャートにローソク足パターンを表示する方法
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

TradingViewを立ち上げ、チャート上部のツールバーにある「インジケーター」をクリック
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

インジケーターウィンドウが開いたら、「テクニカル」を選択した状態で上部ボタン右端の「…」→「ローソク足パターン」の順にクリックします。

「テクニカル」を選択した状態で上部ボタン右端の「…」→「ローソク足パターン」の順にクリック
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

ローソク足パターンの一覧が表示されるので、その中から追加したいものをクリックします。
一度に複数のローソク足パターンを選択することも可能です。

ローソク足パターンの一覧から追加したいものをクリック
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

ここでは例として、「Engulfing-Bullish(包み線-強気)」というローソク足パターンを表示します。
一覧から「Engulfing-Bullish」をクリックして選択します。

例として、「Engulfing-Bullish(包み線-強気)」というローソク足パターンを表示
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

これでチャートにEngulfing-Bullish(包み線-強気)を表示することができます。

チャートにEngulfing-Bullish(包み線-強気)が表示
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

なお、インジケーターウィンドウの上部にある検索窓に表示させたいローソク足パターンの名前を入力すると、それを素早く見つけることができます。
例えば「コマ足(同時線)」というローソク足パターンを探したいなら、検索窓に「コマ足」と入力して検索すれば、簡単に見つかります。

インジケーターウィンドウの上部にある検索窓に表示させたいローソク足パターンの名前を入力すると素早く見つけることができます
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

チャートに表示したローソク足パターンを削除する方法

チャートに表示したローソク足パターンは、主に次の方法で削除することができます。
自分がやりやすい方法で削除しましょう。

削除方法①:チャート左上のローソク足パターン名にマウスカーソルを合わせると出てくる「×」アイコンをクリックする

削除方法1、チャート左上のローソク足パターン名にマウスカーソルを合わせると出てくる「×」アイコンをクリック
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

削除方法②:ローソク足パターン名のラベルをクリックし、選択した状態にしてからキーボードの「Deleteキー」を押す

削除方法2、ローソク足パターン名のラベルをクリックし、選択した状態にしてからキーボードの「Deleteキー」を押す
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

削除方法③:チャート上の右クリックで表示されるメニューの中から「インジケーターを削除」をクリックする(この方法ではチャートに表示中の全てのインジケーターが削除されます)

削除方法3、チャート上の右クリックで表示されるメニューの中から「インジケーターを削除」をクリックする
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

ローソク足パターンの設定を変更する方法

ローソク足パターンの設定変更は設定画面で行います。
まずは設定画面を表示しましょう。

設定画面は、「表示中のローソク足パターンのラベルをダブルクリック」「チャート左上のローソク足パターン名をダブルクリック」「ローソク足パターン名にマウスカーソルを合わせると出てくる歯車の形をした設定アイコンをクリック」のいずれかで表示できます。
他にもやり方はいくつかありますが、簡単なのはこの3つです。

設定画面は、「表示中のローソク足パターンのラベルをダブルクリック」「チャート左上のローソク足パターン名をダブルクリック」「ローソク足パターン名にマウスカーソルを合わせると出てくる歯車の形をした設定アイコンをクリック」のいずれかで表示
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

ローソク足パターンの設定画面は、基本的に「パラメーター」「スタイル」「可視性」に分かれており、画面上部のタブで切り替えることができます。

・パラメーター

表示するローソク足パターンのトレンド検出に使用する方法や、ラベルの色を設定します。

表示するローソク足パターンのトレンド検出に使用する方法や、ラベルの色を設定
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

・スタイル

ローソク足パターンの検出箇所の背景色や、ラベルの表示/非表示などを設定します。

ローソク足パターンの検出箇所の背景色や、ラベルの表示/非表示などを設定
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

・可視性

ローソク足パターンの表示/非表示を時間軸ごとに設定します。
チェックボックスにチェックを入れた時間軸にのみローソク足パターンが表示されます。
例えば、「4時間足と月足だけにローソク足パターンを表示する」といった使い方も可能です。

ローソク足パターンの表示/非表示を時間軸ごとに設定
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

パラメーター、スタイル、可視性の設定が済んだら、最後に画面右下の「OK」をクリックします。
これでローソク足パターンの設定変更は完了です。

パラメーター、スタイル、可視性の設定が済んだら、最後に画面右下の「OK」をクリック
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

なお、「OK」の左側にある「デフォ…」をクリックすると、「設定をリセット」と「デフォルトを保存」を選べます。
「設定をリセット」は、文字通りローソク足パターンの設定を元の状態にリセットしたい場合に使います。
一方、「デフォルトを保存」ではローソク足パターンの設定を保存することが可能です。
次回から、その保存した設定でローソク足パターンが表示されます。

「OK」の左側にある「デフォ…」をクリックすると、「設定をリセット」と「デフォルトを保存」を選べます
(※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。
本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » TradingViewの使い方 » TradingView(トレーディングビュー)でローソク足パターンを表示・削除・設定変更する方法