TradingViewの使い方

ドルインデックス(ドル指数)のリアルタイム更新チャートをTradingView(トレーディングビュー)で表示する


ドルインデックス(ドル指数)のリアルタイム更新チャート


ドルインデックス(ドル指数)のリアルタイム更新チャートをTradingview(トレーディングビュー)で表示しています。

※現物のドルインデックスとはプライスが異なります。

※OANDAでは2021年3月30日現在、ドルインデックスのお取引はできません。

日足から月足までの長期足チャートを確認することができます。移動平均線やボリンジャーバンドなど、TradingView(トレーディングビュー)には人気のインジケーターも多く取り揃えており、チャート分析に困ることはありません。リアルタイム更新のため、ぜひ実際の取引にご活用ください。


ドルインデックスとは


ドルインデックスとは、ユーロや円、ポンドなど主要な通貨に対する米ドルの強さを示した指数です。一般的に、ドルインデックスが上昇していると主要通貨に対して米ドルが強い(買われる)と判断し、下落していると米ドルが弱い(売られる)と判断します。

ドルインデックスは、ニューヨーク商品取引所や国際決済銀行(BIS)など複数の機関が作成しており、作成元により算出方法が異なるため、若干ですが値動きが違う場合があります。例えば、ニューヨーク商品取引所は6通貨を対象として算出しているのに対し、国際決済銀行は40通貨を対象として算出しています。

ただし、米ドル相場のトレンドの方向性を分析するくらいであれば、どの機関のドルインデックスチャートを確認しても問題はないといえます。


ドルインデックスの見方や為替相場(FX)に与える影響


前述したように、ドルインデックスが上昇している場合は主要通貨に対し米ドルが強い(買われている)、下落している場合は弱い(売られている)と判断するのが一般的です。しかし、もう一つドルインデックスの使い方があります。それは、現在の相場はどの通貨で動いているのかを分析することです。

例えば、ニューヨーク商品取引所が出しているドルインデックスをもう少し詳しく見てみましょう。 ニューヨーク商品取引所のドルインデックスの構成比率は次のとおりです。

                                                                               
通貨 比率
ユーロ(EUR)57.6%
円(JPY)13.6%
英ポンド(GBP)11.9%
カナダドル(CAD)9.1%
スウェーデンクローナ(SEK)4.2%
スイスフラン(CHF)3.6%

特徴としては他のドルインデックスに比べ、ユーロの比率が高いという特徴があるため、ユーロの強弱の影響が多少強くなる傾向があります。 このため、次のチャートはEURUSD(ユーロドル)を逆にしたドルユーロ(USDEUR)のチャートですが、値動きが近く、相関性が高いのが確認できると思います。

ドルユーロ(USDEUR)のチャート

一方で次のドル円の同じ期間のチャートを見ると、ドルユーロの場合に比べ、相関性が低い動きとなることがあるのが確認できます。 つまり、FX市場全体ではドルが強くなっているにも関わらず、ドル円は下落していたり、逆にドルが弱くなっているにも関わらず、ドル円が上昇しているような状況もあるということです。

ドルインデックスが上昇しているにも関わらず、米ドル/円が下落していたらどういう状態なのでしょうか?「なぜドルインデックスが上昇しているのに米ドル/円が上昇しないの?」疑問に思いませんか? この場合は、「主要通貨に対して米ドルは強いがそれ以上に円が強い」と考えることができます。

ドル円とドルインデックス

ドル円とドルインデックスの動きの方向性に注目すると、同じ方向を向いているときは、相場がドル中心で動いており、一方で方向が逆の場合は円やユーロのいずれかの強弱が目立つ状況になっていると考えることができます。この点を踏まえて、ドル円、クロス円のチャートを見ると、ドル円とドルの方向性が異なる場合はユーロ円等のクロス円の通貨ペアでトレンドが発生し、大きな動きとなっている場合が多いです。

次のチャートは上のドル円のチャートと同じ期間のユーロ円のチャートですが、ドルインデックスとドル円の動きが逆行するような動きとなっているところではユーロ円でトレンドを形成しているのが確認できます。このような場合はドル円で取引を行うよりもクロス円で取引を行った方が方向感が出やすく、値幅を狙うことができます。

逆にドルインデックスとドル円の動きが同じ方向を向いている場合はユーロ円は方向感が読みにくい動きになっています。よってこの場合はユーロ円の取引を行うよりもドル円の取引を行った方が方向感が読みやすい場合が多くなります。

ドルインデックス このようにドルインデックスをチェックすると通貨ペアの選択する際に役立つほか、使い方次第では普段の分析に一工夫加えることができ、より深い相場分析ができるようになるかもしれません。

Tradingview(トレーディングビュー)でドルインデックスチャートを表示する方法


Tradingviewでドルインデックスチャートを表示する方法を紹介します。

チャート左上の検索窓に「DXY」と入力し、銘柄を選択し完了です。

ドルインデックスチャートを表示する方法

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。


ホーム » TradingViewを使った戦略 » ドルインデックス(ドル指数)のリアルタイム更新チャートをTradingView(トレーディングビュー)で表示する