FXに関するコラム・豆知識

AutoChartist(オートチャーティスト)Web版の使い方

オートチャーティストは、チャートパターンの発生を自動で検出することができる便利なツールです。うまく活用すると、分析時間を大幅に短縮することができます。

ここではオートチャーティスト(Web版)の基本的な使い方をご案内いたします。


Web版のオートチャーティストへのアクセス方法


Web版のオートチャーティストは、Web版のfxTradeの左のメニューのチャーティストをクリックするとブラウザに新しいタブが開きます。

   

新しいタブには、Web版のオートチャーティストが表示されます。

   

Web版のオートチャーティストでできること


オートチャーティストでは主に次の3つの分析を行うことができます。

 

チャートパターンの検出


69通貨ペアのチャートで18種類のパターン等の発生を自動で判別

オートチャーティストは、OANDAのNYサーバーで取扱いのある69通貨ペアにおけるチャートパターンの発生状況や、キーレベル、フィボナッチなどの水準を自動的に算出し、ターゲット価格や、予想レンジを表示するツールです。

FX市場をはじめとする価格の推移は、山(高値)と谷(安値)を形成し、ジグザクとした形を作って動いていきますが、過去の値動きのパターンに当てはめることで、相場の天井、大底、値幅予測など、到達するべきであろう価格を予想する事ができます。

ただし、複数ある銘柄、時間足のチャートをすべて目で確認していると、膨大な時間と労力がかかってしまいます。

このオートチャーティストを使うと、パターンが形成されたチャートを自動で検出してくれるので、分析の時間を大幅に短縮することができます。

 

検出できるパターン等

Ascending Triangle(アセンディング・トライアングル)、 Channel Down(チャネル・ダウン)、 Channel Up(チャネル・アップ)、 Descending Triangle(ディセンディング・トライアングル)、 Double Bottom(ダブル・ボトム)、 Double Top(ダブル・トップ)、 Falling Wedge(フォーリング・ウェッジ)、 Flag(フラッグ)、 Head and Shoulders(ヘッド&ショルダー)、 Inverse Head and Shoulders(逆ヘッド&ショルダー)、 Pennant(ペナント)、 Rectangle(レクタングル)、 Rising Wedge(ライジング・ウェッジ)、 Triangle(トライアングル)、 キーレベル、 フィボナッチパターン、 連続ローソク足、 大きな動き

 

高的中率トレード機会【OANDA限定の機能】

画面上部のメニューの「高的中率トレード機会」のタブでは、発生しているパターン等の中から、過去の検証における的中率の高いもののみに絞り込んだデータを表示することができます。

絞り込みを行う場合は、「最小確率%を設定」のプルダウンから最小確率を選択すると、それ以上の確率のものが表示されます。

   

すると、条件に合致したチャートが表示されます。検出された各データは、パターンの発生したチャートの銘柄、時間足、パターンの名称、勝率、予測価格、チャートが表示されます。

   

トレード機会

パターンが発生しているチャートを表示します。設定の部分をクリックすると、絞り込みのための設定画面に遷移します。

   

設定画面では、銘柄名やパターンの種類や状態を指定して、絞り込むことができます。

青色が選択されている状態で、灰色が選択していない状態で、クリックすると切り替えることができます。

   

検出されたそれぞれのデータは、銘柄名、時間足、発生しているパターン名、検出した時間が表示されるほか、状態、今後の値動きの予測を簡潔にまとめた文章、チャートが表示されます。

   


ボラティリティの分析


メニューの「ボラティリティ分析」のタブでは、ボラティリティ(変動幅)の分析を行うことができます。

ボラティリティの画面では、過去の値動きから予想されるレートの変動幅予測(1時間、4時間、1日)のグラフや時間毎の変動幅、1日あたりの変動幅(曜日別)のグラフが表示されます。

時間毎の変動、1日当たりの変動のグラフでは、現在の時間帯、曜日の部分がオレンジにハイライトされます。

他の銘柄のデータが見たい場合は、下の銘柄名の部分をクリックすると、クリックした銘柄のグラフを表示することができます。

銘柄は、変動率が高い順に1ページあたり6銘柄ずつ表示されています。

    ※日本語版ではグラフの一部が文字化けしている部分があります。


パターンの発生件数や成功率のチェック


「パフォーマンス統計」のタブでは、パターンを検知した数、的中数、的中率をチェックすることができます。

「全て」、「パターン」、「通貨ペア」、「方向」、「時刻」、「時間足」別のデータもチェックできるので、様々な角度で、パターンの発生状況を確認できます。

   

その他


メールマガジンの登録

メッセージ&警告のタブでは、Autochartist社が発行するメールマガジンに登録することができます。登録すると、指定した内容のメールを受け取ることができるようになります。

     

Autochartist(オートチャーティスト)で使用する情報は、全てAutochartist(オートチャーティスト)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFDに関するコラム(ブログ)・豆知識 » AutoChartist(オートチャーティスト)Web版の使い方