FXに関するコラム・豆知識

ローソク足の陽線、陰線の連続回数をカウントするインジケーター「OANDA_Candle_Count」のご紹介


ローソク足の陽線、陰線の連続回数をカウントするインジケーター「OANDA_Candle_Count」


OANDA_Candle_Countはローソク足チャートの陽線、陰線が連続した回数を表示するシンプルなインジケーターです。

陽線の連続回数、陰線の連続回数を色を変えて1からカウントしていきます。ちなみに、始値と終値が同値の場合は0と表示され、カウントがリセットされます。

陽線、陰線の連続回数を素早く把握できるのでトレンドの強弱や相場の過熱感を探る場面で役立つツールです。

 

【ドル円の日足チャートに表示した例】

 

OANDA_Candle_Countのインストール方法


OANDA_Candle_Countはこちらからダウンロードすることができます。

インジケーターのダウンロードが完了したら、MT5またはMT4のメニューの「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

MT5のデータフォルダの開き方

表示されるエクスプローラーの「MQL5」フォルダ(MT4の場合はMQL4)内の「indicators」のフォルダの中にダウンロードしたex5ファイル(MT5の場合)、またはex4ファイル(MT4の場合)をコピーし張り付けます。

MT5のデータフォルダ

エクスプローラーを閉じ、最後にMT5またはMT4を再起動すると、インストールが完了します。


OANDA_Candle_Countの設定方法


インジケーターの設置

OANDA_Candle_Countを表示するには、チャートを選択した上で、ナビゲーター内の「OANDA_Candle_Count」をダブルクリック、またはチャート上にドラッグ&ドロップします。

表示される設定画面で設定を行います。

設定項目

最初にMT5の場合は「仕様」タブ、MT4の場合は、「全般」タブの「DLLの使用を許可する」の部分にチェックを入れます。

【MT5の場合】

【MT4の場合】

その他の設定は主に「インプット(MT4の場合はパラメーターの入力)」タブで行います。

主な設定項目は次の通りです。

変数名 内容
カウント表示 カウントの表示、非表示を切り替えます。
上昇カウントの文字色 陽線の場合のカウント数の文字の色を指定します。
下落カウントの文字色 陰線の場合のカウント数の文字の色を指定します。
同値の場合の文字色 始値と終値が同値の場合のカウント数の文字の色を指定します。
文字の大きさ 表示するカウント数の文字の大きさを指定します。
最大表示バー数 最大で何本の足に表示するかを指定します。

うまく表示されない場合の対応方法

初めて表示する銘柄や時間足の場合、データがうまく読み込めていない場合があります。この場合、時間足を他の時間に一度変更後、元に戻すと、データが読み込まれ表示されます。

 
本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFDに関するコラム(ブログ)・豆知識 » ローソク足の陽線、陰線の連続回数をカウントするインジケーター「OANDA_Candle_Count」のご紹介