新規口座開設

MT5の使い方

MT5(メタトレーダー5)用のOANDA Gravity(価格がもみ合った水準を表示するインジケーター)の使い方

OANDA Gravityの使い方

OANDA Gravityでできること

OADNA Gravityは、過去の値動きでもみ合った水準を表示して、将来のサポートやレジスタンスの水準を探ることができるインジケーターです。

 

OANDA Gravityの設定

OANDA Gravityを表示したいチャートを用意し、MT5の「ナビゲータ」の「インディケータ」内の「OANDA Gravity」をダブルクリック、またはチャート上にドラッグ&ドロップして起動します。

OANDA Gravityの設画面では主に「インプット」タブで設定行います。

OANDA Gravityの設定画面

 

設定項目は次の通りです。

①表示方法

「Graphical Style」では表示方法をヒストグラム(Histogram)とバンド(Bands)から表示方法を選択することができます。


【Histogramを選択した場合】

 

【Bandsを選択した場合】

 

②期間の選択

「Time Period」では、通常「Nomal」と短期「Short Term」の2種類から選択します。

 

③カラーの設定

表示方法で「Histogram」を選択した場合は、「Level4+」でグラフの色を設定します。

「Bands」を選択した場合は、Gravityの強さのレベルに併せ「Level0」から「Level4+」までの色を設定します。

 

指定した時点でのGravityをチェックする方法

OANDA Gravityでは指定した時点でのGravityの状況をチェックすることもできます。

設定方法はOANDA Gravityを表示したチャートの指定したい時間に垂直線を描画し、ラインのプロパティ画面から、ラインの名前を「GStart」に設定します。

 

設定が完了すると、指定した時点でのGravityが表示されます。

 
条件
弊社MT5をご利用のお客様。
ダウンロードURL


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

home_footer > MT5の使い方 > MT5(メタトレーダー5)用のOANDA Gravity(価格がもみ合った水準を表示するインジケーター)の使い方