新規口座開設

MT5の使い方

MT5用「OANDA Chart In Chart」の使い方を紹介

OANDA Chart In Chartの使い方

 

OANDA Chart In Chartでできること

OANDA Chart In Chartはチャートの下にサブチャートを表示することのできるインジケーターです。

他の銘柄を表示することができるほか、通貨ペアを逆にした(例えば、USDJPYをJPYUSDにしたもの)を表示することができます。

また、移動平均線などの簡単なインジケーターや保有中のポジションや注文、水平線等のラインを表示することもできます。

 

OANDA Chart In Chartの設定

Chart In Chartを表示したいチャートを用意して、MT5のナビゲーターの「インディケーター」内の「OANDA Chart In Chart」をダブルクリックまたはチャートにドラッグ&ドロップします。

最初の設定画面で「DLLの仕様を許可する」の欄にチェックが入っていることを確認します。

 

その他の設定は「インプット」タブで行います。

①表示する通貨ペアの選択

「Symbol」ではサブチャートに表示する通貨ペアを選択します。

②通貨ペアを逆にするかの選択

「Invert prices」は通貨ペアを逆にした表示を行うかどうかを選択します。

Yesに設定すると、①で設定した通貨ペアを逆にした通貨ペア(例えば、USDJPYの場合、JPYUSD)の価格のチャートを表示します。

③チャートの種類

「Draw Style」では次の中からチャートの種類を選択します。

「Candles(ローソク足)」

「Close price line(終値のラインチャート)」

「High and low lines(高値、安値のラインチャート)」

「High-Low filled channel(高値、安値の間を塗りつぶしたチャート)」

④チャートの色の設定

次の各項目でチャートのカラーの設定を行います。

「Line_high-low colour」=ラインチャートの色

「Candle body-bull」= 陽線のローソク足の実体の色

「Candle body-bear」= 陰線のローソク足の実体の色

⑤価格水準ラインの色、スタイルの設定

「Colour for current price line」= 現在の価格水準を表示するラインの色

「Colour for open position lines」= 現在の保有しているポジションの価格水準のラインの色

「Colour for s/l and t/p lines」= 現在、注文している損切り、利益確定の水準を示すラインの色

「Colour for pending order lines」= 現在、注文している新規の指値・逆指値の水準を示すラインの色

「Line style for open positions and pending orders 」= 保有中のポジション、注文中の指値・逆指値の水準のラインのスタイルを次の中から選択します。

「Solid 1px-5px」= 固形のライン(ラインの太さを1px~5pxから選択することができます。)

「Dash」= ダッシュ線

「Dot」= ドット線

「Dash-dot」= ダッシュとドットが交互に繰り返される線

「Dash-dot-dot」= ダッシュ、ドット、ドットが繰り返される線

⑥インジケーターの設定

インジケーターを表示させる場合は以下の項目で設定を行います。

「Indecator type」= 表示させるインジケーターの種類を選択します。

表示することができるインジケーターは次の通りです。

「Indicator type」=「日本語の名前」、「parameter1に入力する項目」、「parameter2に入力する項目」で表示しています。

「SMA」= 単純移動平均線、移動平均線を算出する期間、なし

「EMA」= 指数平滑移動平均線、移動平均線を算出する期間、なし

「SMMA」= 平滑移動平均線 、移動平均線を算出する期間、なし

「LWMA」= 加重移動平均線、移動平均線を算出する期間、なし

「Bollinger Band」= ボリンジャーバンド、移動平均線を算出する期間、標準偏差の値

「Enverope(SMA)」= 単純移動平均線を使用したエンベロープ、移動平均線を算出する期間、エンベロープの乖離率

「Enverope(EMA)」= 指数平滑移動平均線を使用したエンベロープ、移動平均線を算出する期間、エンベロープの乖離率

「Parabolic SAR」= パラボリック、AFの数値、EPの値

「Yesterday D1 Close」= 昨日の終値、なし、なし

「Yesterday D1 high and low」= 昨日の高値/安値、なし、なし

「Fixed price」= 固定価格(水平線)、価格、なし

このほか、ラインの種類、色を以下で選択します。

「Drawing style」= ラインの種類

「Colour」= ラインの色

条件
弊社MT5をご利用のお客様。
ダウンロードURL
  本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。


この記事をシェアする

ホーム » MT5の使い方 » MT5用「OANDA Chart In Chart」の使い方を紹介