TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)で地金価格のチャートを表示する方法

TradingViewのプラン=PRO+以上対応

対象読者=中級以上


ドル建て金と円建て金


金価格は2020年に大幅高となり2020年に史上最高値を更新しました。世界的には金取引は対ドルで行われ、その単位は1トロイオンスあたり○○ドルという表示がされます。

いっぽうで国内の地金商で示される価格は1グラムあたり●●円という表示がされますので、単位をトロイオンスからグラムに換算し、ドルを円に為替レートで換算すれば実勢価格を計算できるはずです。

参考記事:金(ゴールド)価格の決まり方とは?日本のゴールド価格の決まり方を解説

TradingViewのPRO+以上のプランではカスタム計算式機能があり、このような時に簡単に計算をすることができます。

カスタム計算式を使う際に、1トロイオンスは31.1035グラムということと、国内の地金価格には消費税10%がかかるという2点を知っておけばよいでしょう。


XAUUSD


通常のドル建て金はOANDAでもCFDとして取り扱いがあり、XAUUSDとしてチャート表示が可能です。まずドル建て金の日足チャートを出してみます。

ドル建て金のチャート

ドル建て金のチャートですね。次にこれを円建て金に変換します。まずトロイオンスをグラムに変換するので31.1035で割り、その後ドル円レートを掛けて、さらに消費税分で1.1を掛ければ良いので、式は以下のようになります。

  • XAUUSD÷31.1035×USDJPY×1.1

TradingViewのカスタム計算式を使う


カスタム計算式はシンボルを入力する欄の右側に四則演算の記号が表示されていますので、これをクリックしながら入力していきます。

シンボル検索画面

USDJPYの前にOANDA:というプリフィクスが挿入されていますが、これはUSDJPYと入力した際にリストアップされる中からOANDAのUSDJPYを選択するとこのように表示されます。最後にreturnキーを押すと円建ての地金価格のチャートが表示されます。

円建ての地金価格のチャートが表示

カスタム計算式はこうした変換以外にもかなり応用が利く機能ですから、PRO+以上を使うインセンティブのひとつになるかと思います。


本記事の監修者・山中康司氏


  • 1982年慶応義塾大学卒業後、アメリカ銀行に入行。トレーディング業務に従事し、1989年バイスプレジデント。
  • 1997年日興証券に移り、1999年日興シティ信託銀行為替資金部次長。
  • 2002年金融コンサルティング会社アセンダントを設立、取締役に就任。
  • 2019年よりTradingView日本マーケットの責任者。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TradingView(トレーディングビュー)で地金価格のチャートを表示する方法