TradingViewの使い方

TradingView(トレーディングビュー)の通貨ペアを逆に表示する方法

TradingViewでは、価格のデータに計算式を加えることが可能です。この機能を使うと、通貨ペアを逆にした価格を表示できます。つまり円ドルやドルユーロなどのチャートを表示することが可能です。

また2つの銘柄の価格差などを表示することもできます。CFDの債券市場のデータを用いて、日米の金利差のチャートを表示するというようなことも可能です。

【TradingViewで円ドルのレートを表示した例】


TradingViewのチャートで価格データに計算を加える方法


通貨先物市場などで円のレートとして用いられる、「100円=〇〇ドル」を表示する方法について紹介します。つまり「ドル円」の通貨ペアを逆にした、「円ドル」の価格に100を掛けた数値のチャートを表示する場合についてです。


数式の入力


通貨ペアの入力欄を選択すると、右側に各計算符号が表示されます。

1円=〇〇ドルのレートを表示する場合は、1÷USDJPYのレートとなるため、「1/」を選択した後にUSDJPYのレートを選択。

この数値に100を掛けると「100円=〇〇ドル」のレートとなるため、最後に×ボタンを押した後に100と入力し、「*100」を付け加えます。

最後にEnterキーを押すと計算後の数値を元にしたチャートが表示されます。


桁数の調整


計算した数値の桁数が表示したい桁数でない場合は、桁数を調整できます。例えば100円=〇〇円の値動きを見る場合には、少数点以下4桁の数値まで表示するのが一般的です。上記チャートでは3桁までしか表示されていません。

このような場合は、チャートの設定画面の「シンボル」の「小数点以下の桁数」の部分で調整することが可能です。右下にある小数点の桁の部分で表示したい桁数に調整します。小数点以下4桁を表示する場合は1/10000を選択し、OKをクリックします。

設定が完了し小数点以下第4位まで表示されれば完了です。


まとめ


TradingViewでは、価格データに計算を加えることが可能です。アイデア次第で色々なチャートを表示できます。普段見ているチャートに計算を加えると新たな発見があるかもしれませんので是非お試しください。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » TradingView(トレーディングビュー)の通貨ペアを逆に表示する方法