TradingViewの使い方

Tradingview(トレーディングビュー)で平行チャンネル・非平行チャンネル・フラットトップを引く方法

  • TradingViewのプラン=全プラン対応
  • 対象読者=初級以上

平行チャンネル


平行チャンネルは前回扱ったトレンドラインと平行なラインを同時に引くためのツールです。トレンドラインを右クリックしてラインを複製し、複製したラインをドラッグ&ドロップで移動させることでも平行チャンネルを描画することは出来ますが、専用の平行チャンネルを利用すれば簡単に平行チャンネルを引くことが出来ますし、平行ラインの中央に補助線(ミッド・ライン)を引くことも出来るので使い勝手も良いでしょう。

トレンドラインの引き方については、以下の記事を参考にしてください。
参考記事:Tradingview(トレーディングビュー)の描画ツールで水平線・水平レイ・トレンドラインを引く方法

以下のチャートはEURUSDの4時間足に平行チャンネルを引いた例です。

平行チャンネルを引いたチャート

5月13日の年初来安値と5月19日安値を結んだサポートラインと平行に、5月24日高値に上側のラインを合わせて平行チャンネルを引きました。現在(2022年)のEURUSDはこの上昇平行チャンネルの中での推移にあると考えられ、またごく短期的にはミッド・ラインがレジスタンスとなりやすいと言えそうです。


非平行チャンネルとフラップトップ


非平行チャンネルは平行では無いものの高値・安値ともにライン上に乗るウェッジ(くさび)型の準平行チャンネルです。またフラップトップは非平行チャンネルのうち、どちらかが水平なウェッジ型のもみあいパターンと言えます。

TradingViewではこれらの2本のラインによる組み合わせのパターンを引くツールがあるのですが、現状では使い勝手が悪く自分の思うような非平行チャンネルやフラップトップのパターンを引くにはコツが必要でかなりの時間を要してしまいます。本来は時間を短縮ためのツールであるべきですが、個人的にはこれらのツールを使うことは現状では全くおすすめできません。

どちらのチャートパターンもラインの複製で簡単に実現できますので、ここではラインの複製を使って非平行チャンネルを引く方法を示しておきます。

USDJPY4時間足に非平行チャンネルを引いてみましょう。

まずレジスタンスラインを1本引きます。

非平行チャンネルを1本引く

引いたラインを右クリックして「複製」を選びチャート上に2本のラインを引いた状態にします。

非平行チャンネルをhチャンネルを複製する

最初に引いたレジスタンスラインの上側に同じラインが複製されています。複製されたラインをクリックし、左端の点を非平行チャンネルを引きたい起点の安値にドラッグ&ドロップ、次に複製されたラインのもうひとつの点を結びたい安値にドラッグ&ドロップします。すると以下のような非平行チャンネルになるはずです。

非平行チャンネルが引かれたチャート

多くの方にとって、現状ではラインの複製のほうが平行チャンネル以外のパターンを引く場合には楽だと思いますし、平行チャンネルのミッドラインが不要な場合には、この複製を使うことで代用可能です。

さらにシンプルには単純にトレンドラインを2本引くという方法もあります。描画系のツールは使い方がシンプルで自分が引きやすいように引けることが重要だと思いますので、トレンドラインとその複製、平行チャンネルの引き方を知っておけば十分ではないでしょうか。


本記事の監修者・山中康司氏


  • 1982年慶応義塾大学卒業後、アメリカ銀行に入行。トレーディング業務に従事し、1989年バイスプレジデント。
  • 1997年日興証券に移り、1999年日興シティ信託銀行為替資金部次長。
  • 2002年金融コンサルティング会社アセンダントを設立、取締役に就任。
  • 2019年よりTradingView日本マーケットの責任者。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » Tradingview(トレーディングビュー)で平行チャンネル・非平行チャンネル・フラットトップを引く方法