TradingViewの使い方

Trading View(トレーディングビュー)で表示できるチャートの種類を紹介


TradingViewで表示できるチャートの種類


TradingViewでは様々な種類のチャートを表示することができます。

FXの取引において、日本では一般的にローソク足チャートが使用されることが多いですが、それ以外にも、相場の世界では、様々な種類のチャートが存在します。

あまり馴染みのないチャートでも、使ってみると、普段とは異なる視点で分析を行うことができ、これまで気づかなかったトレードアイデアに出会うことができるかもしれません。

今回はTradingViewで表示できるチャートの種類をご案内いたします。


ローソク足チャート


日本の米相場生まれの日本で一番ポピュラーなチャートです。世界的にもキャンドルスティックの名称で人気のあるチャートです。

実体と言われる四角形と上下のヒゲで始値、終値、高値、安値の4本値を示すチャートで、時系列の値動きの流れが把握しやすいという特徴があります。

ローソク足チャート

バーチャート


バーチャートはバーで始値、終値、高値、安値の4本値を表示するチャートです。ローソク足チャートと比べると情報は同じですが、バーのみで表示されるので、ややシンプルに見え、価格の大きな方向性が見やすいという特徴があります。

日本ではローソク足が浸透しているため、使用する人は少ないですが、欧米では人気のチャートです。

バーチャート

平均足チャート


平均足チャートは見た目はローソク足チャートに似ていますが、実体の部分の始値に前の足の始値と終値の平均を用いているため、価格の細かいブレの影響を排除し、トレンドを把握しやすいという特徴があります。

このチャートのメリットはトレンド転換のダマシを軽減することができるという点ですが、トレンド転換の初動を掴みにくいというデメリットもあります。

平均足チャート

ラインチャート


ラインチャートは終値のみを表示したシンプルなラインのチャートです。余計な情報が排除されているため、大きな方向感を確認するのに適しているチャートです。

ラインチャート

エリアチャート


エリアチャートはラインチャートの下の部分に塗りつぶしが入ったものです。ラインチャート同様に大きな価格の流れを見るのに適しています。

エリアチャート

ベースラインチャート


ベースラインチャートはチャートに表示されている期間の高値と安値の中間(50%)を中心に色分けし、現在の水準を示すチャートです。比較的近い時間の価格レンジの中のどのくらいの水準で推移しているのかを確認しながら分析をすることができます。

ベースラインチャート

練行(Renko)足チャート


練行(Renko)足チャートは設定した一定の値幅(ボックスと呼びます)の値動きがあった場合に次の足へ移動し、一定のボックス分の反転があった場合に陰線と陽線が入れ替わるチャートです。ローソク足チャートのように一定の時間の到来に併せて次の足に移行する時系列のチャートとは異なる非時系列のチャートです。

価格の動きにフォーカスしているため、方向感が掴みやすいというメリットがあります。

練行(Renko)足チャート

ラインブレイクチャート


ラインブレイクチャートは設定した一定の本数(デフォルトは3)前の高値、安値を更新する動きとなった際にトレンド転換とみなし、陽線と陰線が切り替わり、その方向の新値となった場合にのみ新しい足が形成されるチャートです。

トレンドが明確に出るような相場の場合はトレンドを把握しやすいという特徴がありますが、狭いレンジ内の推移が続くようであれば新しい足を形成しにくいほか、ダマシも多くなってしまうというデメリットもあります。

ラインブレイクチャートに関してはこちらもご覧ください。

ラインブレイクチャート(新値足)でトレンドを把握する

ラインブレイクチャート

カギ足チャート


カギ足チャートも時系列ではなく、非時系列のチャートです。設定した値幅分の価格の反転があった場合に方向を変えて記載していくチャートです。他の非時系列チャート同様に価格の方向性を把握しやすいというメリットがあります。

カギ足チャート

ポイント&フィギュアチャート


ポイント&フィギュアも非時系列のチャートです。◯と×を使用し、設定した一つの枠分の値動きがあると印を加え、一定の枠数分の反転があると印を変えて右に移っていきます。

保合いやサポート、レジスタンスなどの水準に注目すると価格の方向性が掴みやすいチャートです。

ポイント&フィギュアチャート

ポイント&フィギュアチャートの使い方に関してはこちらもご覧ください。

ポイント&フィギュアでFX市場の価格のトレンドをチェック

ポイント&フィギュアで価格のターゲットを算出


まとめ


このようにTradingViewのチャートでは、様々なタイプのチャートを表示することができます。大きく分けるとローソク足に代表されるような時間に併せて動く時系列のチャートと時間という概念がない非時系列のチャートに分けることができます。

日本ではローソク足チャートが一番一般的なので、ローソク足を使って分析している方が多いと思いますが、他のチャートも併せて使用して見ると、より効果的に分析できるかもしれません。

Tradingviewを学びたい方へオススメコンテンツ

TradingView

OANDAでは、Tradingviewの様々な使い方に関するコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもTradingviewを使いこなせるようになるでしょう。またTradingviewからOANDAの口座にログインすることで、Tradingviewを使い取引が行えます。他社にはないサービスなので、ぜひ口座開設をご検討ください。


TradingView(トレーディングビュー)で使用する情報は、全てTradingView(トレーディングビュー)社に帰属するものであり、当社は、その正確性、完全性を保証するものではありません。同サイトで使用する情報に基づいて行った取引によって発生したいかなる損害・損失について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。最終的な投資判断についてはお客様ご自身でお願い致します。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。



この記事をシェアする

ホーム » TradingViewを使った戦略 » Trading View(トレーディングビュー)で表示できるチャートの種類を紹介