FX初心者の方

金(ゴールド)ETFとは?メリットやデメリット、リスクなどを紹介


金ETFとは?


金ETFとは、金の価格に連動したETFのことです。そもそもETFとは日本語で「上場投資信託」と呼び、証券取引所に上場している銘柄に投資を行います。そのためチャートを見ながらリアルタイムで取引を行えるのが大きな特徴です。

これまでは金投資といえば現物取引か先物取引が一般的であり、敷居が高い投資方法でした。しかし金ETFが出てきたことで、少額から行え誰でも手軽に金への投資を行うことが可能になったといえます。


金ETFのメリット


金ETFのメリットは、以下の通りです。

  • 株式投資と同じようにリアルタイムの売買を行える
  • 少額からの取引が可能
  • 現物を保有しないので管理コストがない
  • 信用取引もできるので売りで利益を狙うこともできる

それぞれ詳しく紹介します。


株式投資と同じようにリアルタイムの売買を行える


金ETFは上場投資信託と呼び投資信託の一つです。一般的な投資信託とは、お金を預けて専門家に運用をしてもらいます。しかし金ETFは上場投資信託なので証券取引所を通じて売買を行います。そのため株式投資と同じように、チャート見ながらリアルタイムの売買が可能です。


少額からの取引が可能


金ETFは、少額から取引を始められます。銘柄によって異なりますが、約4,000円という少額からの取引が可能です。投資と聞くと大きな資金が必要というイメージがありなかなか始められない方も多いですが、金ETFなら少額から取引ができ初心者でも手軽に始められます。


現物を保有しないので管理コストがない


金ETFは現物を保有することはないので、管理コストがかかりません。現物取引では実際に金を保有するので、盗難・紛失のリスクがあります。リスク対策を行えば、その分維持・管理コストはかかります。その点金ETFならそういったコストはかからないので、手軽に行える投資方法です。


信用取引もできるので売りで利益を狙うこともできる


金ETFは信用取引が行えるので、売りで利益を狙うこともできます。信用取引とは株式や現金などを担保に証券会社からお金や株券を借り、そのお金や株券で取引を行うことです。金の価格は上昇するときもあれば下落するときもあります。売りから取引を始められる金ETFなら、価格が下落しているときでも機会損失を防ぐことが可能です。


金ETFのデメリット・リスク


金ETFのデメリットやリスクは、以下の通りです。

  • 価格変動リスクが生じる
  • インカムゲインがない(利子や配当)
  • レバレッジが低く大きな利益を期待できない

それぞれ詳しく紹介します。


価格変動リスクが生じる


金の価格は日々変動しているので、価格変動リスクが発生します。そのため保有しているポジションと反対方向へ価格が動けば、損失を出します。投資はプロと呼ばれる人たちでも必ず失敗するので、リスクを許容した取引が大切です。


インカムゲインがない(利子や配当)


金ETFにはインカムゲイン(利子や配当)がありません。ポジションを保有した状態では利益が発生せず、売却時にのみ利益が発生します。配当金や利子など不労所得での利益を目指しているのであれば、不向きな投資方法です。


レバレッジが低く大きな利益を期待できない


金ETFは高いレバレッジでの取引は行えません。信用取引があるのでレバレッジをかけた取引は可能ですが、約3倍程度です。短期間で大きな利益を狙いたいのであれば、不向きな投資方法といえます。逆に長期間でコツコツと利益を積み重ねたいという方に、向いている投資方法です。


金ETFの税金


金ETFで発生した利益は、申告分離課税の譲渡所得に分類されます。そのため税税率は、20.315%です。原則確定申告は必要なので、金ETFで利益が発生すれば必ず確定申告を行いましょう。

※税金に関しては税理士や国税庁など専門家へ問い合わせてください。


金のおすすめ投資方法を比較


金に投資する方法はETFだけではなく、先物取引やCFD取引など様々です。「ではどの投資方法がおすすめなの?」と疑問に思う方も多いと思います。ここではそれぞれを比較し、おすすめの投資方法について紹介します。

                                                                                                                                                                                   
【金のおすすめ投資方法を比較】
積立 現物 先物 ETF CFD
売買方法買いのみ買いのみ買/売買/売(※)買/売
レバレッジ無し無し有り約2倍約10倍
手数料有り有り有り有り無し
決済期限有り無し有り無し無し

(※)信用取引を活用した場合、売りから入ることが可能


金に投資するならCFD取引がおすすめ


結論からお答えすると、金に投資するならCFD取引がおすすめです。ETF取引ではチャートを見ながらリアルタイムで売買できます。しかし高いレバレッジをかけた取引はできないので、短期間で大きな利益を狙うことはできません。

しかしCFD取引ならレバレッジを10倍かけた取引が可能であり、チャートを見ながらリアルタイムでの売買も可能です。また先物取引のような決済期限も決まっていないので、自由に売買を行えます。そのため初心者の方でも始めやすい投資方法といえます。ただし高いレバレッジでの取引は、その分リスクも高いことを覚えておきましょう。

CFD(差金決済取引)とは?初心者のための基礎知識


OANDAの金CFD取引


OANDA Japanではまもなく金CFDの提供が始まります。もちろんMT4、MT5で投資が可能、OANDA独自のオーダーブックインジケーターも利用可能です。金CFDの提供開始にあたり、様々なキャンペーンも予定しております。

OANDAの口座開設はこちらから

CFD(差金決済取引)を学びたい方へオススメのコンテンツ

CFDと先物取引の違い

OANDAではこれからCFDを始める初心者の方向けに、豊富なコンテンツを提供しています。コンテンツを読み進めていくことで、初心者の方でもCFDをスムーズに始めることが可能です。またOANDAの口座保有者だけが使えるOANDAオリジナルインジケーターも提供しています。是非OANDAの口座開設をご検討ください。


本ホームページに掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

ホーム » FX/CFD初心者の方 » 金(ゴールド)ETFとは?メリットやデメリット、リスクなどを紹介